Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2017年5月17日(水) 16:40-18:40/YC&AC

 

とても気持ちの良い気候になってきました。クラスのリズムも出てきて、楽しく練習できています。楽しむことの意味を履き違えないように、脱線した時は元に戻しながら、これからもじっくり指導して行きます。

 

中学生の春季交流戦を観戦

先週の日曜に保土ヶ谷で行われた大会を観戦させていただきました。ラグビーパークに所属してくれている生徒も多く、勝手ながら保護者参観のような気持ちで、一人一人のプレーを見学させてもらいました。どの年代でも試合に勝てるに越したことはありませんが、小学生、中学生の年代の試合は、相手の弱みを攻め合う試合よりも、練習してきた自分たちの強みをぶつ合う試合の方がプレーヤーの長期的な成長を考えると良いのではないかと感じます。Aチーム同士の試合はボールを動かそうとする藤沢と堅実なディフェンスからターンオーバーで得点を狙う横浜という、それぞれの強みを出し合った未来を感じる試合でした。今回は横浜と藤沢のチームしか観戦していないので、また、時間を見つけて、他のチームの試合も観戦に行かせて頂きます。ありがとうございました。


■小学3年〜6年生クラス
最初から機嫌の悪い生徒が1名。基本、負けず嫌いな生徒なので、今までもゲームで他の生徒も揉めることも。負けず嫌いは悪いことでもありませんが、自分の思い通りにならないからと言って、そのストレスを他者に向けることで発散させようとすることは許しません。1週間に1回の練習の中で、どこまで私の言葉を受け止めてくれるかはわかりませんが、伝えるべきことは年齢に関係なく愛情込めて伝えます。全体的には楽しく練習できています。

 

1、10回パス
2、ストレッチ
3、1対1・・スクエアー⇆ダイアモンド

4、ショットガンタックル
5、4対4
6、ストレッチ

■中学生(小学5・6年生)

タックルバックを購入してからというもの新しいメニューを色々と実施しています。コンタクトの指導を始めてから、生徒達の新しい課題に気がつきます。課題があることは伸び代ですから問題ありません。色々とやらせたいメニュー等もありますがゲームの時間は確保しなければと思っています。中1は上級生と試合がやりたくて仕方ない様子です。今後、彼らが上級生にチャレンジする機会も作っていきたいと思います。

 

1、タックルバックリレー⇆10回パス

2、ダイアモンド1対1

3、リターンパスドリル

4、ストレッチ

4、4対4(スクエアタックル&スクエアヒット)

 

メインコーチ 川合
アシスタントコーチ 須方 小森

いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>