Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2017年3月8日(水)16:45-18:35/YC&AC(横浜)

 

横浜クラスも残り2回。今年度でパークを離れる生徒もいます。最後に何を伝えることが、彼ら彼女らの成長を促せるか?日々、考えています。

 

■3・4・5・6年

今日は小森コーチがサポートに来てくれたので練習の最後まで、私と小森コーチで担当しました。残り2回のレッスンです。小学6年生たちには、みんな同年代に中では、スキルレベルは高いですが、良い意味で、まだまだ、自分を向上させる楽しみがあることを伝えてあげたいという思いもあり、あえて少し難しいメニューを提供しています。

 

1、ターゲットキック

2、ストレッチ

3、クリップパス&カラー3対3⇄サークル&スネークアジリティー

4、オフロードゲーム

5、ストレッチ

 

■中学生

練習の前半は、フィジカルトレーニング。中学3年生たちは、しばらくすると自体重の重さでのトレーニングからウェイトトレーニングになります。今日は、そのことを体感させたくて、ペアーでのトレーニングも行いました。

 

私は小学生のレッスンを終えてから合流。練習の最初にラグビーパークのルールについて生徒たちに話をしました。私としてはラグビーパークのルールというか、この活動を通して出会った指導者と生徒たちが、年齢にかかわらず、人生において円滑な人間関係を継続するためのルールみたいなことです。

 

その後は中学3年生と2・3年生を分けて練習。私は卒業を控える中3のみをレッスンしました。内容はオフザボールスキルというボールから離れているプレーヤーの地味な動きの練習です。良いプレーをするには、正しい判断をするための準備が必要です。その準備の意識づけを行う練習です。トッププレーヤーを目指すには、とても大事なスキルです。高校生で勉強することで良いと思っていますが、毎年、中3を高校へ送り出す前に指導するようにしています。

 

今日の中3はとても集中した良い練習ができました。自分で指導しながら日本の中学生の中でスキルレベルはナンバーワンなんじゃなかと感じるようなゲームでした。小さいスキルにこだわれば、指導したいことは、まだ色々とありますが、現時点でこれだけのゲームができていれば十分です。これ以上言うと彼ら彼女らが高校生でラグビーを学ぶ楽しみがなくなってしまうので、あとは高校生での伸び代として残します。

 

集中した時の彼ら彼女らのプレーは素晴らしいです。指導をしながら素晴らしいゲームを見せてくれて「ありがとう!!」と言う気持ちでした。残り2回となりましたが、中3の素晴らしいプレーを私も楽しませてもらいたいと思います。みんなも楽しんでください。

 

1、サークル&スネークアジリティー

2、ストレッチ

3、タバタ⇄ペアトレーニング

4、中3・・オフザボールトレーニング&ゲーム

  中12・・オフロードゲーム

5、ストレッチ

 

メインコーチ 川合

アシスタント ロイ 須方 小森

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>