Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2017年1月31日(火) 17:00-20:35/フロンタウン鷺沼

 

在校生の皆様に継続確認のメールを送らせていただきました。受信できていない方は、下記よりお進みください。

2017年在校生継続確認

 

鷺沼の小学5−6年生クラスと中学生クラスは、現在でも多くのキャンセル待ちの方がいらっしゃる状況です。これ以上、お待ちいただくことは心苦しでの受け入れる方法も踏まえてのクラス編成となりました。

 

小学3−4年生クラスについては16:40としましたが、それ以上に早くするかどうかは参加する生徒たちの新学年での生活がスタートしてから検討します。一人でも参加が難しいということであれば、16:40よりも早める予定はありません。

 

小5−6年については室内施設も利用できる状況ですが、基本はグランドのみの練習で進めます。もし、あまりにも人数が増えて練習の効率が悪いようでしたら室内施設の利用も含めて、よりベストな練習方法を検討する予定です。

 

中学生は時間が早まり、さらに今までと異なり、2グループで室内とグランドが同時進行でレッスンが進んでいく方法にしました。参加が遅れた生徒については、グランド練習に参加するという対応を取らせていただきます。

 

全ての生徒の皆様のご要望に沿えていない点もあるかもしれませんが、総合的に考えた上での判断ですのでご理解いただければ幸いです。在校生の回答期日を2月20日とさせていただきましたので、お忘れなきようお願いいたします。なお、中学3年生にはご案内メールは送付しておりません。

 

■3・4年生

今日のテーマは1対1。今日はディフェンスについてレクチャーをしました。1対1のディフェンスを考えるときは、大きく分けると、相手を追い込みながら近づくアプローチの方法と、タックルというコンタクトの動作と、2つのことを分けて考えると上達が早いです。今日はアプローチのところにポイントを絞って指導しました。

 

生徒の1人が塾の関係で今日でお別れなりました。

 

Yくん

参加してくれてありがとう。いつも仲間に優しく声をかけくれましたね。また、コーチたちの荷物運びをいつも率先してお手伝いしてくれていたこと、とても感謝していました。また、戻ってこれたら、一緒にラグビーやりましょう。これからも応援しています。

 

1、ストレッチ

2、ダイアモンド1対1⇄スクエアー1対1(DF)

3、スクエアー1対1⇄スクエアー1対1(DF)
4、ゲーム(4年生・・4対4/3年生・・4対4)

5、ストレッチ

 

■5・6年生

こちらのクラスも1対1のディフェンス。1対1のディフェンス練習というと、タックルの動作を考える方もいるかもしれませんが、もちろん動作も大事ですが、アプローチが上手にできなければ、相手に触ることすらできません。小学生の年代では、タックルの局面では体格が大きく影響します。ただアプローチのところは体格差に関係なく身につけることができることなので、将来のためにも全員に身につけて欲しいと思っています。

 

今日は塾の関係で2名の生徒とお別れとなりました。

 

I ・Kくん

長い間、指導させてくれてありがとう。少ない人数で練習していた頃が懐かしいですね。小学校の2年生ぐらいの時のころは、自分の苦手なことがあるとチャレンジすることを怖がるところもありましたが、いつの間にか苦手なことでも楽しくチャレンジして、苦手なことでも一生懸命、取り組めるようになりました。Kは、誰とペアになっても、誰とチームになっても、いつも楽しく、一生懸命プレーしてくれるので私もとても助けてもらっていました。ありがとう。ラグビーのプレーも立派に成長してくれて、ありがとう。しばらく会えなくなりますが、将来にために勉強を頑張るKも応援しています。また、受験が終わったら会いましょうね。

 

S・Yくん

指導させてくれてありがとう。いつも楽しそうに練習してくれて、私もYに教えることはとても楽しかったです。自分でも勝負できる大きな身体も魅力的ですが、Yは仲間をトライさせるパスもできます。これからも仲間と喜びを分かち合いながら、チームでのラグビーを楽しんでください。しばらく会えなくなりますが、将来のために勉強を頑張るKも応援しています。また、受験が終わったら会いましょうね。

 

1、ストレッチ

2、ダイアモンド1対1⇄スクエアー1対1(DF)⇄スクエアー1対1(DF)

3、ゲーム(5対5)

4、ストレッチ

 

■中学生

こちらも1対1のディフェンス。タックルする前に足を細く動かすという動作は、相手の動きに対応するためには重要です。べた足になると相手の動きに対応することが遅れてしまいますからね。ニュージーランド留学から一時帰国していた生徒が、またニュージーランドへ旅立ちました。

 

ケンゴへ

寒い中、練習をサポートしてくれてありがとう。ケンゴと一緒にコーチという立場で時間を過ごせたことは、ケンゴの成長をすごく感じることができて、私もとても幸せでした。ニュージーランドで学んだことを、今度は、ぜひ私に教えてください。本当に助かりました。引き続き、ニュージランドを楽しんでください。また帰国したら、ぜひサポートに来てくださいね。

 

1、ストレッチ

2、ダイアモンド1対1⇄スクエアー1対1(DF)

3、ゲーム(6対6)

4、ストレッチ

 

室内

1、ショートステップアジリティー

2、ボールパス腹筋

3、X腹筋

4、ストレッチ

 

メインコーチ 川合 
サポート ロイ ケンゴ

いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>