Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2016年11月21日(月) 16:45-20:35/ミズノフットサルプラザ藤沢

 

今日は、15時30分ごろに雨が強くなり、練習中止も考えましたが、開催前には雨も弱まり、無事にレッスンを行うことができました。生徒の中には、雨だとコートが広く使えたり、参加が少ないと、いつもできない練習ができたりするので、それを楽しみに参加する生徒もいます。今後も基本は雨でも開催しますので、着替えの準備をお願い致します。また悪天候で開催される場合、体調に不安がある時は、決して無理をしないでくださいね。

 

■JRFUの中学生「道徳」教材のご紹介

Facebookでもご紹介しましたが、JRFUの中学生「道徳」教材のご紹介です。前回のWカップでの日本代表選手たちの実話を元に、自分と異なる他者を尊重し協力することの大切さなどを学べるストーリーが書かれています。中学生向けの教材ですが、小学生も、読みやすい文章です!ぜひラグビーパークの生徒たちにも読んで欲しいです!教材はこちらから!!

 

■3・4年生

今日はボールの持ち方と1対1をテーマに。まだ意識しないと間違えてしまう生徒もいますが、継続することで無意識でできるようになってくれるものと思っています。最近は途中から3年生と4年生を分けて練習していますが、それぞれで楽しく練習できています。

 

1、ボールタッチゲーム

2、ストレッチ

3、ステップチョイス

4、キックスタート1対1&1対2

5、3年生・・3対3

   4年生・・4対4
6、ストレッチ

 

■5・6年生

今日は雨も少し降っていましたが、前々回の反省を活かし、テーマを決めて進めました。今日のテーマはボールの持ち方と1対1。ひと時代前のラグビー(私が高校生のころ。現在42歳。)は、ボールキャリアは芯をずらさず、まっすぐヒットするように指導を受けてきました。それはそれでサポートプレーは行い易いというメリットはありましたが、今の時代は相手のタックルの力をまともに受けないで済むように、タックルの芯をずらすようなフットワークを使うことがボールキャリアの基本プレーとされています。将来的にはステップの仕組みを頭でも理解することで、さらに精度が高まるとは思いますが、小学生へのステップの指導は、まずは鬼ごっこのようなイメージで感覚的に動作を身につけさせる方がスキルの習得はスムーズだと感じています。それもあり、ラグビーパークではボールの持ち方と簡単な間合いを全体で指導したあとは、難しいことを言わずにステップのトライ&エラーを繰り返しています。FWだからステップはいらない・・なんて時代は終わりました。ポジションや体格に関わらず、みんな無意識でステップを踏めるように指導してあげたいと思っています。

 

1、ボールタッチゲーム

2、ストレッチ

3、ステップチョイス

4、キックスタート1対1&1対2

5、4対4リアクションタッチ

6、ストレッチ

 

■中学生

中学生も1対1。小学生の頃から指導しているボールの持ち方ですが、まだ間違えてしまう生徒もいます。特にスピードが速く、普段はスピードで相手に触れさせずにトライをとっているような生徒はミスをする傾向にあります。ボールの持ち方を意識しなくてもトライを取れてきているので仕方ありません。私としては、今よりも相手が強く、速い場合でも、しっかりとボールをキープできるプレーヤーになって欲しいと伝えながら、将来に向けて課題をクリアーするように促しています。

 

1、ボールタッチゲーム

2、ストレッチ

3、ステップチョイス

4、キックスタート1対1&1対2

5、9対9ワイドゲーム(コート3面)

6、ストレッチ

 

メインコーチ 川合
アシスタントコーチ  須方 ロイ

いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>