Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2016年10月17日(月) 16:45-20:35/ミズノフットサルプラザ藤沢

 

平尾誠二さんが亡くなりました。

私が社会人一年目のシーズン。対面が平尾さんだった時の興奮は今でも忘れません。

 

タックルと称して平尾さんに触れてみたいという気持ちでプレーしていました。後に先にも、あんな気持ちでプレーしたことはありません。

 

その後、平尾さんが日本代表の監督時代に初めて日本代表の選手として選んで頂きました。

 

日本代表の合宿中に何度か話しかけて頂きましたが、私が緊張し過ぎて、何を話したか記憶がありません。

 

ただ平尾さんがデモンストレーションとして観せて下ったパスは、あまりにも美しく、今でも鮮明に覚えています。

 

それからは全く接点はありませんでしたが、ラグビーの指導者になって悩んでいた時に、写真にある平尾さんの文章を読んで 、気持ちが救われたと同時に自分なりの指導者像を確立するきっかけを頂きました。

 

特に大学院に行くようになってからは、平尾さんのスポーツに対する深い見識に憧れを抱き、平尾さんの発信する言葉やメッセージを読みあさりました。

 

引退後に名刺交換をさせて頂いた時も、緊張して自分の手が震えていたことを思い出します。

 

私にとっては偉大過ぎる方なので、お近づきになりたいとか、認めて欲しいなんて気持ちもなく、ただ、ただ、これからも平尾さんの発言や行動から勉強させてもらいたいと思っていました。

 

とてもとても残念でなりません。

 

心よりご冥福をお祈り致します。

 

 

 

 

■3・4年生

2週間ぶりのラグビーパーク。今日も雨だったのでグランドを広く使えたこともあり、生徒たちはお喜びでした。練習は、少しフワフワした雰囲気だったので、合間に教育的指導を入れなら進めました。3・4年生では良くあることですが、練習やゲーム中に、自分の思い通りにならないとイライラしてしまう生徒がいます。また、練習中に自分の思い通りに好き勝手なことをしてしまう生徒も(歌を歌ったり、友達とじゃれはじめたり)。共通点は、いつも自分の思い通りになる、もしくは思い通りにして良い、と思っていることのように思います。実際は、ラグビーも人生も思い通りにならないことの方が多いのです。そのあたりのマインドチャンジが彼らの将来の為にも必要だと思うので、上手に伝えて行きたいと思います。

 

1、キックパスゲーム

2、パスゲーム

3、ストレッチ

4、2対1

5、カラーターン3対2

6、4対4リアクションタッチ
7、ストレッチ

 

■5・6年生

最近、クラスも落ち着いているので、キャンセル待ちをしてもらっていた体験生を受け入れています。今日も1名の参加がありました。練習は2対1、3対2、3対3を行いました。年間通して考えると繰り返している練習です。2対1などは、トップ選手でも反復練習をする大事なスキルです。狭いスペースでの2対1、広いスペースでの2対1。同じ2対1でもパスを離すタイミングなどが異なりますので、奥が深いです。これからもトライ&エラーの中で、感覚を掴んで欲しいと思います。

 

1、キックパスゲーム

2、パスゲーム

3、ストレッチ

4、ターン2対1⇆カラーターン3対2

5、4対4リアクションタッチ
6、ストレッチ

 

■中学生

こちらのクラスもキャンセル待ちをしてもらっていた体験生が1名参加。とても長い間、待たせてしまって申し訳ない気持ちです。とても楽しんでくれたようで何よりです。まだ、キャンセル待ちをしている方々もいます。スペースなども問題もあり、なかなか全ての希望者を受け入れてあげられないことがもどかしいです。練習は3対3とゲームをメインに。今日は須方コーチが体調不良でお休みだったこともあり、私とロイコーチで指導しました。通常、このクラスは3つのグループに分けて、それぞれの場所に担当コーチを配置し、10分ごとに場所をローテーションする方法で進めています。今日はコーチが2名なので、グループを2つにするかどうか悩みましたが、3つのままで行いました。2ヶ所の練習はコーチが張り付き、1ヶ所は生徒達だけで実施しました。このスタイルも生徒たちの自主性を育むという意味では良い時間になりそうです。

 

1、ランニングパス(3往復)

2、ストレッチ

3、ターン2対1⇆カラーターン3対3(右)⇆カラーターン3対3(左)

4、4対4リアクションタッチ⇆6対6ノーマルタッチ
5、ストレッチ

 

メインコーチ 川合
アシステントコーチ ロイ 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>