Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2016年6月27日(月) 16:45-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢

バスを利用している生徒及び保護者のみなさまへ
練習後にミズノフットサルプラザの方から、施設前からバスを利用している生徒の乗車時のマナーついて注意喚起のお願いを受けました。施設側に他の乗客の方から子ども達のマナーが悪いとクレームが入ったとのことです。ラグビーパーク以外のスポーツ団体の方も利用されていますが、時間帯的にラグビーパークの生徒の可能性が高いと思われます。来週のレッスン時に、私からもバスを利用している生徒たちに話を聞きます。バスを利用されている各ご家庭でも、お子さんに話を聞いてみてください。私としては、誰にも心当たりがなかったとしても、今後のためにマナーについて話をする予定です。

6月25日のラグビークリニックについて
6月25日のラグビークリニックでは、多くのラグビーパークの生徒に会場で会うことができました。みんな上手にプレーしてくれていて、とても嬉しかったです。今回、参加が難しかった生徒の皆さんは、またの機会に、是非、参加してください。

朝日小学生新聞にラグビーパークの取材記事が掲載されました。
先週の鷺沼クラスに取材に来られました。6月29日に掲載されました。



■3・4年生
軽度なコンタクトが起こる練習を行いました。みんなボールを持って走ることも好きですが、肉体を接触しあったゲームも好きです。3・4年生の身体は、当然ながら、まだ、成長段階にあります。大人と同じようなコンタクト練習を平日も週末をやってしまうと怪我のリスクが高くなるので、ラグビーパークでは、コーチがコンタクトバックを持ったり、軽度な肉体接触が起こる昔遊びをしたりしながら、コンタクトの部分の成長をサポートしていきます。

1、ドリブルランニング
2、キックランニング
3、コンバットトレーニング
4、ストレッチ
5、3対1⇄リレー
6、3対3
7、ストレッチ

■5・6年生
今日は3対1の練習をしました。小学生は視野が狭いので外に大きなスペースがあっっても内側にステップを切ってしまう傾向があります。内側にステップを踏みたくなる気持ちは、私も良く理解でいます。私も中学生の頃は、よく内側にステップを踏んでいたので(笑)。ただ、3対1のような場合は、外のスペースにボールを運ぶ意識が大事になります。視野を広く持つことが大事になってくるので、今後も継続して指導していきます。話は変わりますが、タッチゲームをしている時に、反則の笛を吹かれると、毎回、レフリングにクレームを言う癖のある生徒がいます。何が上手くいかなっかった時に、まず他者に矢印が向いてしまうのでしょう。自分に矢印を向けられるカッコ良いプレーヤーになれるよに導いてあげたいと思っています。

1、ドリブルランニング
2、キックランニング
3、ランニングパス
4、ストレッチ
5、3対1⇄リレー
6、3対3
7、6対6
8、ストレッチ

■中学生
中学生が3対2の状況で、大外のプレーヤーにボールを上手に運ぶ練習をしました。中学生の大きなテーマは、前進してボールをもらいにいくことで、ドリフトDFをしっかりと止めて、ウイングまでボールを回すことです。来週も継続していきます。

1、ドリブルランニング
2、キックランニング
3、ランニングパス
4、ストレッチ
5、3対2⇄リレー
6、3対3
7、6対6
8、ストレッチ

メインコーチ 川合
アシステントコーチ ロイ 須方
いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります