Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2014年3月22日(土) 15:30-18:30/ミズノフットサルプラザ藤沢

今日は、イレギュラーではありますが、雪で中止となってしまった藤沢クラスと、鷺沼の6年生~中学生クラスの臨時クラスを行いました。

この時期は、生徒たちの所属するラグビースクールでの卒部式等、節目として、様々なイベントがあることでしょう。と言うことで、ちょっと、生徒の皆さんに一言・・。

生徒の皆さんへ
みんながラグビーが出来ていることに、当たり前のことではありません。週末のスクールのコーチの方、お父さん、お母さん、そして一緒にプレーしている仲間、対戦相手、そしてレフリーの方など、たくさんの人たちに感謝の気持ちを再確認しましょうね。そして、健康な自分の体にも感謝です。みんなは、多くの人のサポートがあって、今があります。もし、何かあれば、君たちを応援してくれる人や、多くの仲間がいます。今後、もし、何か、「自分は一人ぼっちなんじゃないか・・」とか、自分一人では、どうしても解決できないことがあったら、助けてくれる人はいますからね。本当に苦しい時は、頼ったら良いと思います。
でも、助けてくれる人がいるからと言って、努力せずに、最初から人に頼りすぎることも良くありません。ラグビーのチームと一緒で、本当に強いチームは、一人一人で相手と戦うことができます。その一人一人が協力することで、最強のチームになります。何かあれば、助けてくれる人はいるけど、まずは、強い自分になることを目指して頑張ってみて下さい。
ラグビーパークのコーチ陣も、ラグビーを指導させてくれているみんなに感謝しています。また、今後も、一人一人のサポーターでもありますので憶えておいて下さい。

(川合)


【小3‐5クラス】
■今日の練習
▼2-4年生
1.サグビー・ラグビー
2.ストレッチ
3.じゃんけん&2対1or1対2(タグ)
4.カラーターン3対2
5.5対5(SHコーチ)、4対4
▼5年生
1、ストーン&フリー(ボールタッチ)
2、キックキャッチレクチャー
3、キックレクチャー(一人ボール1個)
4、キックパスディスタンスゲーム(パントキック、グラバー)
5、キックスタート3対2
6、4対4
7、7対7
▼全体
9.ストレッチ

▼3‐4年生
久しぶりに、かなり人数の少ないレッスンでした。
今日は秩父宮で東京セブンズが行われていましたが、そこに負けないように、秩父宮の観客も「おおーっ」てわくようなプレーをしよう、なんて言いながらやっていました。
生徒たちもプレー後に「今の秩父宮わいた?」なんて聞いてきたりして、面白かったですね。
ウェーブが起きるほどではなかったけど、秩父宮がちょっとわいたプレーはいくつもありました(^^)
(林)

▼5年生
今日は、放課後ラグビーではなく、家でのんびりしてからのラグビー。疲れていないはずなのに、みんな動きがいつもよりスローな感じでした。ただ、精神的には、とても落ちついていて、楽しく練習ができました。今日は、ウォーミングアップの時間から、グランド1面を使えたので、キック練習を多めにしました。チャンピオンになったのは、A君とK君チーム。A君は、昔からキックが得意だった印象がありますが、K君は苦手だったような?とても上手になっていてびっくりしました。一番、長い距離で2連続の成功!このゲームは、キックの正確性だけでなく、キャッチも成功しなければいけないので、キャッチも良かったですね!
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ
アシスタント:Roy Yorke


【小6/中学生クラス】
■小6・中学生
1、ロングキックパストライチャレンジ
2、ファンクショナルストレッチ
3、セブンズレクチャー 
  ・ドロップアタック6vs3
  ・スペースアタック6vs3
4、6vs6(模擬ラック)
5、ストレッチ

鷺沼からK君、F君、Y君の3人が参加してくれました。当然ながら、同じパークの生徒とは言え、初めて一緒にプレーする仲間の中で、今日は遠慮があったね。
練習は、週末に東京セブンズがあったこともあり、セブンズの動きにもチャレンジしました。15制の動きと若干異なることもあるので、戸惑い気味の生徒もいましたね。練習を見ていると、15制人向きのプレーヤーと、7人制向きのプレーヤーとがいることを感じます。
ただ、今回の東京セブンズを見ていると世界の強豪チームは、限りなくプレーが15人制に近くなってきているようにも感じました。
小学生、中学生は、まだ、両方の可能性がありますから、もし、今後、7人制の試合等に出場する時は、今日の練習を思い出してくれればと思います。セブンズ練習後は、いつものゲームを行いました。ゲームは、藤沢クラスの生徒も、鷺沼クラスの生徒も、みんな少し、遠慮気味でしたね。どうしても新しいプレーヤーと混合してゲームをすると、なんとなくボールを回してしまうことが増えます。途中で鷺沼クラスのF君が鋭いペネトレートを見せていましたが・・。練習後に伝えたように、今後、何か選抜に選ばれたりすると、その場での仲間とゲームをすることもあります。そんな時は、遠慮せずに、前進する気持ちが大事ですよ。これも経験ですから、今日のことを活かしてくれればと思います。
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ
アシスタント:Roy Yorke
いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>