Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2014年3月4日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

少しだけ春の到来を感じながらの練習でした。
今年度の鷺沼クラスも、あと2回。

中学、高校で学校のラグビー部に所属する生徒、個人の事情により、今年度でラグビーパークを離れる生徒など、3月は別れの季節でもあります。
ラグビーパークを離れても、みんなを応援している気持ちに変わりはありません。
残り少ないレッスンですが、最後の1秒まで、心を込めて指導させてもらいます。


■ファイナルカップ観戦
先週末は6年生の大会であるファイナルカップを観戦させて頂きました。
生徒の皆さん、素晴らしい試合をありがとう!!!!
引き続き、前進しましょうね!!
観戦記はこちら
(川合)


【小1-2/小3‐5クラス】 17:00-17:55
▼1・2年生
①タグ付け・バトル
②ストレッチ
③タグ・2対1
④ストレッチ

先週に引き続き、2対1に挑戦。
ラグビースクールに所属している子も、スクールには所属してなくてラグビーパークがラグビーとの出会いの場となった子も、それぞれのペースで確実に成長しています。
今年度も残り2回!
さらに成長して新しい学年を迎えよう!
(林)


▼3‐5年生
1、ベルトコネクトミラーステップ1vs1
2、ストレッチ
3、ベルトコネクトサポートスタップランニング
4、4vs4
5、大根抜き

今日はマジックテープのついたベルトを使って、様々なランニングを行う練習をしました。ラグビーのランニングの中には、自分がボールを持って行うランニングもあれば、ボールを持っている仲間をサポートするランニングもあります。今日の練習は、サポートのランニングがテーマでした。相手を追い抜いてはいけないけれど、遅れてもいけない。絶妙な距離感でついていくことが大事です。普段、使わない道具を使った練習をすると、ベルトに興味が行き過ぎて、じゃれはじめてしまう生徒が数名・・・・。年齢的に仕方ないか・・と思いながらも、注意を促しながらの練習となりました。全体をコントロールするコーチとしては、大変ではありますが、じゃれてしまうからと言って道具を使わない!!ということでは無く、将来的には、道具を使っても、じゃれないで練習に集中できるように、コツコツ、導いてあげたいと思っています。最後の5分間は、生徒のリクエストに答えました。リクエストは「大根抜き」。6人ぐらいでうつ伏せに輪になって寝て、寝ている生徒たちは腕を組み組み合って合体します。それを大根抜くように、一人の生徒が、足を持って、引き抜いていくゲームです。「俺は、まだ出荷時期じゃない!」「あいつは、出荷しないと腐ってしまうぞ!」など、とても面白い会話が聞こえてきました。社会の授業で勉強したのかな?(笑)。残り2回もリクエストを聞いたら、間違いなく「大根抜き」になる予感がしています。
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小6/中学生クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
1、ラグビードッジボール
2、ファンクショナルストレッチ
3、グラバーターゲットキックゲーム
4、4vs4
5、ビジョントレーニング(室内)

ファイナルカップに出場していた生徒も元気に参加!
最初の練習は、生徒達のリクエストに答えて、ラグビーボールを使ってのドッジボール。
その後は、気持ちのスイッチをきりかえて、ファンクショナルストレッチ。そして、グラバーキックを使ってのゲーム。
屋外のしめは、いつのようにゲーム。室内では、ビジョントレーニングを行いました。
それぞれのメニューでみんな楽しそうに取り組んでいましたね。
このクラスは、パークを離れる生徒が数名おります。
今期は、残り2回のレッスン。
パークを継続する生徒、パークを離れる生徒、それぞれの生徒にとって、少しでもみんなを成長させされるように、残りの2回のレッスンも、大切に指導させて頂きます。
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ
いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>