Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年11月26日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

5時にグランドに入ると、みんな思いも思いにボールで遊びはじめます。
コーチが練習の準備をしている間に、みんなウォーミングアップが完了しているようにも思います。
今、パークの上級生クラスでは、セルフウォーミングアップなどにも取り組んでいます。
自分で体を温め、ストレッチまでを自分で行うものです。
5年生以下は、まずは、グランドに来たら、コーチの指示があるまで、自分で工夫して遊ぶことからで良いと思います。
最終的には、ラグビーパークを離れた後も、自ら考え課題を解決し成長し続けることができるプレーヤーに育って欲しいと思っています。
(川合)


【小1-2/小3‐5クラス】 17:00-18:15
▼1・2年生
①パワー系・アクティビティ
②ストレッチ
③タグ・ゲートラン
④10回パス
⑤ストレッチ

「10回パス」は、パスやキャッチングの能力だけでなく、スペースの認識力や、コミュニケーションやチームワークなども磨かれる、意外と馬鹿にならない良いメニューだと思っています。
ラグビーにまだ慣れていない1・2年生にはなかなか難しかったのですが、今日はだいぶ形になっていました。
このまま続けて、ラグビーのゲームに一歩ずつ近づけていきたいと思います。
(林)


▼3‐5年生
1.ボールリフティング
2.ボールハンドリング
3.ファンダメンタルムーブメントスキル
4.ステップアンド2対1
5.3対3/4対4

今日のウォーミングアップでは、ファンダメンタルムーブメントスキルと言われる運動の基礎動作について、いくつかの練習を行いました。
ラグビーは、総合スポーツと言われるように、様々な能力を開発することが必要です。
これらの能力の開発はラグビーパークの時間だけでは不十分です。
学校の体育の時間や、外遊び、家でのお手伝い等、いろんな動作を生活の中で経験することが大事です。
上手くできる、できないで、それらへの取り組みのモチベーションを下げてしまう子も多い年代です。
今日は、無駄なことは何もないので、どんなことにでもチャレンジすることが大事で、すべてがラグビーにつながるよ!!ということを、みんなに伝える為の練習をしました。
お味噌汁を上手く運べたらバランス感覚が良いかもしれませんね。
なんでもチャレンジが大事ですよ。
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小6/中学生クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
1、パワー系・アクティビティ/ファンクショナル・ストレッチ
2、ステップアンド3対2
3.5対5
4.タックルレクチャー(室内)
5.ダイアゴナルシット

今日のグランドで、前回行ったステップを活かした3対2を行いました。
新しいメニューへの対応がまだ、まだ、時間がかかってしまいますね。
これも訓練ですからね。
練習で頭を使わなければならないぐらいにした方が、試合では落ち着いてプレーができるようになります。
つまり、練習でゲーム以上の負荷をかけることが大事ということです。
ラグビーパークは思考力に負荷をかけている感じです。
このようなパークならではの独特の練習を攻略することも楽しんで欲しいと思います。
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ
いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>