Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年11月20日(水) 17:30-19:00/YC&AC(横浜)

横浜クラスは、海風があるせいか、他のクラスよりも寒さを厳しく感じます。
とは言え、雨などには悩まされずに練習が出来ているので、そろそろ、寒さにも慣れて行かなければなりませんね。
まあ、生徒は、寒さにもすでに順応しているのかもしれません。
順応出来ていないのはコーチ陣だけかも・・・。

サッカーの日本代表が、素晴らしい内容で、オランダから勝利をおさめましたね。
私自身、サッカー協会の方や、その他の民間のサッカー関係者の知り合いが多いので、サッカー界の話をよく聞きます。
サッカー界は、Jリーグの発足が日本代表の強化への大きな原動力になったことは間違いありませんが、アマチュアの時代から協会として、指導者養成や、地域トレセン等、一貫指導を地道に続けていました。
書き始めると病的に長くなりそうなのでやめておきますが、とにかく、ラグビーも地道なことを続けて行くしかありませんね。
自分にできることを、がんばりたいと思います。
(川合)


【中学生クラス】
練習メニュー
1、キック鳥かご
2、ファンクショナルストレッチ+大根抜き+X腹筋
3、アジリティー
4、じゃんけん3対2(アジリティーバージョン)
5、ハイパントレクチャー

小学6年生の時に指導していたK君が1年半ぶりに、再度、パークの体験に参加してくれました。
小学生の頃は、他の生徒に比べて、ラグビーの経験年数も短く、体も大きくなかったので、みんなについていくことが大変な部分もあったかもしれませんが、久しぶりに再会したK君は、体も大きくなり、以前とは別人のようでした。
このようなことがある度に、小学生や中学生の子どもたちは、現状のラグビーの技術や、体力、体格に関係なく、みんなに可能性があるということを再確認します。

担当コーチ:川合レオ


【小3-6クラス】
■今日のメニュー
①パス・パス・キック・パス・ゲーム
②ストレッチ
③ナンバー2対1・リーグ制
④シチュエーション3対2
⑤上級生:5対5/下級生:3対3(SHコーチ)
⑥ストレッチ

今日のナンバーコール2対1は、1戦1戦の重みがとっても重くなるようなルールで行いました。
2つのリーグの間を、勝敗によって上がったり下がったりします。
2回連続での勝利や敗北によって、昇格や降格をするように、いつもよりも条件を厳しくしました。
それだけに、ひと勝負ごとの緊張感が増して、白熱した戦いが繰り広げられました。
勝敗に一喜一憂する様も、とても楽しそうでした。
ある程度のテクニックが身についてきている6年生は特に、より厳しいシチュエーション、厳しいプレッシャーの元で、正確なプレーができるかどうかというチャレンジが、より成長につながると思っています。
今後も、あの手この手で彼らの闘争心をあおり、より真剣な戦いができるようにサポートしていけたらと思っています。

担当コーチ:林拓司
アシスタント:武藤さくら
いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>