Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年11月19日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

寒さはあるものの、天候は乱れることなく、練習を行う事ができました。最近のレポートの冒頭は寒いことのネタばかりですが、もうそろそろ12月ですから、当然なんですよね。このクラスの生徒達は、比較的、防寒対策をしつかりしてくれているので、我々も助かっています。
(川合)


【小1-2/小3‐5クラス】 17:00-18:15
▼1・2年生
①ボール・ハンドリング
②ストレッチ
③10回パス
④ストレッチ

ラグビーパークの雰囲気にも、お互いの関係にも慣れてきて、ついつい幼さが多く出てしまう子もいます。
一方で、集中を促すと、前よりも短い時間で落ち着いてくれるようにもなってきました。
一段一段、階段を上っています。
(林)


▼3‐5年生
1、キックターゲットゲーム
2、ストレッチ
3、2対1(DFコーチ)
4、3対3~4対4(学年別ゲーム)

今日は、2対1をやったのですが、みんなスキルが高まっていました。ゲームになると、どうしても自分で走りたくなってしまって、2対1のチャンスを見逃してしまうところもありますが、ここも少しずつ成長して行けばよいです。5年生は視野も広がり、ゲームでも良いパスを見せています。4年生以下のプレーヤーも、このまま練習での2対1をやりながら、4対4などのゲームを続けることで、自然と仲間と協力することもを学んで行くことと思います。
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小6/中学生クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
1、ラグビーボール・リフティング/ファンクショナル・ストレッチ(セルフ)
2、ターゲット・キック・チームバトル
3、4対4、5対5(オフロード&ラック・ルール)
4、アジリティー(足さばき)

今日の室内は、アジリティー的な、足の動かし方を練習しました。横に移動する時にどのような足の運びが良いか?後ろに下がる時は、どのような重心の位置が良いか等、前後左右、斜めなどの動きについて細かく指導を行いました。これらの動作を身に付けると、別にスプリント的な足の速さがなくても、機敏に動けるプレーヤーになる可能性が高まります。(*スプリントも早いに越したことはありませんが。)普段は意識しないようなことだったと思います。このような練習は、ラグビーパークでは反復はしません。まずは、今日の指導をもとに、日頃のスクールでの練習や試合の中で活かして見て下さい。みんなが忘れたころに、また、やります!!
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ
いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>