Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年6月18日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

降りそうで降らない。
湿度は高いから汗はじっとり。
日差しがなくても熱中症には要注意、こまめな水分補給を促しています。
(林)


【小1-2/小3‐5クラス】 17:00-18:15
▼1・2年生
①スペースパス(10回パス)
②ストレッチ
③ランニング・ターゲット・パス
④ストレッチ

大きく分けて2つのメニューしかやっていないのですが、今日もあっという間でしたね(^^)
まだまだできないことの方が多いちびちゃんたちですが、少しずつ、できることが増えていく喜びは何物にも変えられません。
先週できなかったことが今日少しできるようになる。
きっと来週はもっとできるようになる。
そういう、達成感や成長のわかりやすいメニューを、必ず一つ入れるようにしています。
また、ゲームを楽しむ中で、ひとつの目標を達成しようと無我夢中になってるうちに、ラグビーの要素を知らず知らず身につけていく、そういう状態を作り出すことも意識しています。
子どもたちの吸収する力、伸びる力はとてもすごいので、それを活かしやすいようなレッスンを工夫していきたいです。
(林)

▼3‐5年生
1、ブルドック
2、ストレッチ
3、アーリーポジショニング
4、ポジショニング2対1(DFコーチ)
5、4vs4(SHコーチ)
6、ターゲットキックゲーム
7、ストレッチ

今日のタッチフットは、みんなが自分のプレーに集中しながら、前進を意識した良いゲームができたと思います。
次のステップとしては、ボールが欲しくて、ボールに近寄り過ぎてしまうプレーヤーも多いので、スペースや、仲間のポジショニングを見ながら、適切な場所にポジショニングすることを指導して行きたいと思っています。
また、ボールを持つと、外のスペースにパスをするという選択肢を忘れて、毎回、内側に切り込んでしまうプレーヤーも多いので、その点についても指導して行きたいと思っています。
教えてあげたいことは色々とありますが、焦らずコツコツやります。
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小6/中学生クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
1、Stone & Free(ボールポジション)
2、ランダム方向・3対2
3、4対4(タッチ&バック・ルール)
4、ブレイクダウン・トレーニング
5、ストレッチ(各自)

室内のトレーニングでは、相手のディフェンスに合わせた勝負の仕方、ヒットの姿勢、そして、ブレイクダウン時の入り方・姿勢などを行いました。
最後にレオコーチが言っていましたが、進化を続ける日本代表の試合を見ていると、世界の選手相手に戦う選手たちが、ヒットやブレイクダウンにおいて細かいところまでよく練習している成果が見られ、今日のレクチャーの内容もよくわかります。

子どもたちに、やみくもに低さのみを求めさせると、頭が下がってしまったり、相手を抜けそうなシーンでも低く当たりに行ってしまったり、安全性や合理性の面で問題となるようなプレーをする子が出てきますね。

いつ、どういうタイミングで、体のどこを下げて低い姿勢を作るのか?
低くて、なおかつ強い姿勢とはどのような姿勢なのか?
それらを身につけるには、どういうトレーニングをどれだけ真剣に行うべきなのか?

トップ選手たちが必死になって、厳しいトレーニングの末に身につけようとしている技術です。
そう簡単に身につくものではありませんが、子どもたちにも、一つ一つ、正確な理解とともに、身体でも覚えていってほしいと思っています。
(林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ






いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>