Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年5月15日(水) 17:30-19:00/YC&AC(横浜)

今日も、気持ちの良い気候の中での練習でした。
6月から、不定期開催ですが、大人パークという新しい教室をスタートすることになりました。
昨日から募集を開始したのですが、すでに定員になってしまいました。
お申し込み頂いた皆さんありがとうございました。

また、ラグビーパークの保護者の方でキャンセル待ちになってしまった皆様、申しわけありません。
正直なところ、あまりに早さに私たちも驚いています。

今回、本教室でも私がメインコーチを務めさせて頂きますが、タクコーチにも協力してもらいながら、子どもたちへの指導同様に、参加される生徒の皆さんにとって充実した時間にできるように、心をこめて指導させてもらいたいと思っています。
(川合)


【中学生クラス】
練習メニュー
1、スペースボールキープゲーム
2、ポジショニング&ストレートランテクニック(4人)
3、スピンパステクニックハンドリング(一人ボール1個)
4、スピンランイングパス(2人一組)
5、ポジショニング&ストレートラン&スピンパステクニック(2人)
6、ファンクショナルストレッチ&ダイアゴナルシット
7、セイムウェイコンビネーション(BK6人/FW3人)

テスト期間の生徒も多く、いつもよりも少ない人数での練習となりました。
今日は、ラグビーパークとして、はじめてチームとしてのコンビネーションに近いような動きの練習をしました。
ルールは簡単です。
攻撃の基本は順目。
笛が鳴ったらポイントを作り、FWは3人の中で、誰か一人はオーバーに入る。
また、BKも一人誰かがオーバーに入る。

ラグビーパークは、別にゲームをするわけではないので、試合に向けてのコンビネーションというわけではありません。
今日行ったラグビーパークのコンビネーションは、BKがFWをやったり、FWがBKをやったり、BKの中でも、いつもと違うポジションをやったりと、それぞれが普段、チームの中で決められているポジションや、自分が得意なポジションでないところを経験させることが大きな目的です。

それぞれが自分のチーム活動の中で、FWだけどBKの気持ちがわかる!BKだけどFWの気持ちがわかる!または、将来的にポジションが変わっても、ある程度、どのポジションも行える基本プレーができる!そんなプレーヤーになる為に行わせるものです。

本当は、練習の最後は、タッチフットをさせてあげたかったのですが、私もついつい熱くなって、気が付いたら練習時間が終了していました。
コーチとして反省です・・・。

このポジションを変えたコンビネーションは、ラグビーパーク以外では経験しにくいことなので、また、やりたいと思っています。

担当コーチ:川合レオ


【小3-6クラス】
■今日のメニュー
①パワー対決/ボール奪取
②ストレッチ
③チェイス・ランパス
④上級生:連続2対1/下級生:2対1
⑤上級生:4対4/下級生:2対2
⑥ストレッチ

クラスの規律が、確立されています。
気持ちのオン・オフが、子どもとは思えないほどうまくなってきています。

リラックスして楽しむところ、集中して取り組むところ、それらが一瞬で切り替わります。
そういうことが、かなりできるようになってきました。

今日のストレッチはアシスタントのサクラさんに(初めて)お願いしました。
私は遠くで次のメニューの準備をしながら、さりげなく眺めてます。
特に問題も無く、みんな集中してサクラさんの指示に従ってスムーズに行えたようでした。

サクラさんには、この調子で色々と勉強してもらいながら、子どもたちの成長の役に立てるように、サクラさん自身、成長していってもらいたいと思っています。

このクラスでは、3・4年生と、5・6年生が分かれて活動することがあります。
そんな時、唯一の4年生であるSくんが、新入生の3年生たちをリードしてくれていると知り、とても嬉しく思いました。

昨年度までは、Sくんはただ一人の最下級生で、お兄ちゃんたちに注意されながら、後ろを追っかけてさえいれば良かったのです。
それが、後輩たちが入ってきたことにより、どう変化していくかは楽しみでした。
結果、彼が先輩たちにそうしてもらってきたように、後輩たちに対して、うまくリードしようとしてくれているようです。
具体的にどうしろこうしろと言ったことは無いので、彼が自発的にそうしてくれているのです。

すごく嬉しいし、異年齢集団における子どもたちの(お互いに対する)影響力の強さ、そしてその“教育力”を改めて認識しました。
始まってわずか3年とちょっとのラグビーパークですが、そういった良い伝統が築かれつつあることは、大きな財産だと思っています。

担当コーチ:林拓司
アシスタント:武藤さくら







いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>