Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年4月29日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

GWの合間、ちょっと心配なお天気でしたが、レッスン中には降ることはなく、無事に行うことができました。
この頃は、多少肌寒くなることはあっても、動き出せばすぐに忘れられるくらいになってきました。
ラグビーパークは日が落ちてからの活動が多いので、暖かくなってきてくれるととても助かります。
(林)


【小1-2/小3‐5クラス】 17:00-18:15
■今日の練習
①アジリティ・レース
②ストレッチ
▼1・2年生
③アーリーキャッチ、サッカーキック、キック、ハンドリング
▼3‐5年生
③ロングパスキャッチング&パス
④ナンバー2対1
⑤タッチフット(4vs4/3vs3)
⑥サイレントストレッチ

▼1・2年生
2年生の体験生が一人。
仲間が増えると楽しいね。
今は、とにかくキャッチをマスターすることをメインにしています。
後は、色々なプレーに触れてラグビーの楽しみを広げていくこと。
とにかく楽しんで、ラグビーを好きになってくれたらと思います。
(林)

▼3‐5年生
今日は、久しぶりにタッチフットを行いました。
練習後に生徒達にも話をしましたが、最後のタッチフットを上手にやるには、ウォーミングアップでの体の動かし方、そしてラグビーボールを使ってのキャッチ&パスの練習、そして、1対1や、2対1の練習など、など。。。。
すべてが合わさって、最後のゲームが上手にできるようになります。
さらに、それぞれが所属するラグビースクールの試合では、そこにコンタクトも加わります。
すべては、ラグビーパークでの細かい練習、所属スクールでのコーチの方々がやってくれる練習などを真面目に行うことが、最後のゲームと言う場面で活躍するには大事だよ!と話しをしました。

今日は、久しぶりのタッチフットでしたが、私としては、予想していたよりも動きが以前に比べて良くなっていたように思います。
キャッチ、パス、ランニングなどの少人数での練習の成果が見れて良かったです。
ただ、タッチフットばかりやると、また、細かいスキルが雑になっていくので、バランスを見ながら、上手に練習を組み合わせて行きたいと思います。
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小6/中学生クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
1、シャドウ・アジリティ/ファンクショナルストレッチ
2、カラーターン・3対2
3、4対4(タッチ&バック・ルール)
4、タックル・トレーニング(逆ヘッド確認、パワーフット)
5、ダイアゴナルシット
6、ストレッチ(各自)

昨日の藤沢クラスに続き、このクラスでも(室内トレーニングの際に)パワーフットの練習をしました。
タックルをするとき、良い姿勢でパワーを相手に伝えるには、踏み込んだ時に腰が落ちて、ヘッドダウンしないことが大切です。
頭よりも腰が高くなった状態でタックルに入ったりすると、パワーが伝わりにくいだけでなく、とても危険です。
この、腰を落とした良い姿勢を作るには、やはり、下半身の筋力がある程度安定していないと難しいので、小6メンバーには苦戦する生徒が多いです。

このクラスでは室内トレーニングで全身のフィジカルを向上させるトレーニングを続けているので、一つ一つのトレーニングに、より意識をもって臨んでもらえれば、年齢や体型に関わらず、安全で強い姿勢も作っていけるようになると思います。
まずは、トレーニングに臨む姿勢、という意味ではメンタルの成長からかな?
(林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ







いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>