Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年4月24日(水) 17:30-19:00/YC&AC(横浜)

今日は雨パークでした。
ただ、気温が高くなってくれているおかげで特に気にせず練習できました。


来週から、ラグビーパークと同じような時間帯にサッカースクールの方々も活動をされるようです。
グランドは、6時からは半面ずつで、ラグビーとサッカーが行われます。

昨日は、サッカーの方々が体験会だったようで、ご父兄の方々も多く、平日にも関わらず、スポーツイベントのような賑わいでした。

相手の方々がどのように私たちのことを思ってくれているのかわかりませんが、ラグビーパークとしては、同じスポーツを愛する仲間として、良好な関係性を築いて行ければと思っています。

(川合)


【中学生クラス】
今日は、中学1年生の体験生が練習に参加してくれました。
他のクラスの中学1年生も同じだと思いますが、週末にスクールでラグビーを続ける生徒たちは、週末のラグビーの活動を踏まえて、どの部活動なら入れるか?そもそも、部活動に入れるか?など、中学校という新しい環境の中で試行錯誤が続いているようです。

5月ぐらいからは、帰宅時間や、部活動のことなど、生活が落ちついてくるのだと思います。
まずは、学校生活のリズムをつかむことが大切ですから、もし、ラグビーパークの練習に参加することが難しい状況の時は、学校生活優先として考えて頂いて構いませんし、私個人としては、ラグビーは、この先いくらでもできるので、その方が良いのではないかと思います。

話しは、変わりますが、また、また、中学1年生のこと・・・。
中学生からはボールが4号球から5号球に変わります。
それもあり、体格の小さい生徒たちは、4号球なら出来ていたパスの動作などができなくなっている状況です。

一貫指導が進んでいるNZでは、中学1年生ぐらい(U13)までは、4号球なんです。
とても理にかなっていると思います。

現状、日本のルールを変えるようなことはできないので、ボールが大きいことで余計な癖がつかないように注意して指導してあげたいと思います。

また、ラグビーパークとしては、5号球になれることも必要ですが、筋力や体格が大きくなれば、5号球での動作も自然とできるようになるので、中学1年生には、引き続き、正しい動作を身につけさせてあげる上でも4号球を交えながら、指導してあげたいと思っています。

練習メニュー
1、ボールキッキング(一人ボール一個)
2、キックパスゲーム
3、ロングパスゲーム
4、ファンクショナルストレッチ+腹筋
5、カラーターン3対2(ショート/ワイド)
6、6対3
7、マーカータッチ5対5

担当コーチ:川合レオ


【小3-6クラス】
■今日のメニュー
①1対1 ×3
②ストレッチ
③ナンバー2対1
④ナンバー・スペース3対2
⑤上級生:4対4(マーカータッチ)/下級生:3対3
⑥ストレッチ

今日はお休みが多かったり、天候が途中で急激に悪化したりもあって、予定していたテクニックトレーニングは行いませんでした。
来週はみんなでスピンパスのトレーニングをしたいと思っています。


さて、このクラスでもしつこく2対1のトレーニングを続けていますが、なんだかんだ言って、アタックの成功率がまだそんなに高いわけではないのです。
ディフェンスがいない、もしくは強くないときにはかなり高いレベルのテクニックを発揮できますが、ディフェンスが本気で勝負を挑んできたとき、途端に精度(正確性)が下がったり、判断が鈍ったりしてしまいます。
だからこそ、そういう経験を積み重ねていくことが大事だと思っています。

試合と同じ緊張感でトレーニング。
ディフェンスがいない状態で10回やって10回成功。
ディフェンスがついて10回やって9回成功。
実戦形式の練習の中で10回やって8回成功。
実際の試合の中で10回やって7回成功。
まずはこのくらいを目指しましょう!
ちょっと目標高い!?

担当コーチ:林拓司
アシスタント:武藤さくら








いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>