Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年4月23日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

今日も良い天気でした。
気温も下がらずにラグビー日和。
新しい仲間たちとのコミュニケーションも慣れてきて、境目がどんどんなくなってきています。
(林)


【小1-2/小3‐5クラス】 17:00-18:15
■今日の練習
①ゲートラン
②ストレッチ
▼1・2年生
③アーリーキャッチ、バスケシュート、ハンドリング色々
▼3‐5年生
③1対1
④2対1(DFコーチ)
⑤フォイッスルランダムタイミング2対1
⑥タックル&リアクションパス(タックルバック)

▼1・2年生
先週やったキャッチのポイントを尋ねると、ちゃんと覚えててくれました。
しかも、実際にプレーしても、高い確率で成功!
すごく良かったです。
パスやランなど、他のプレーには楽しみながら少しずつチャレンジしています。
(林)

▼3‐5年生
今までよりも人数が増えてきて、生徒一人一人の待ち時間が少し長くなっています。
出来るだけ、効率的に練習をしたいという思いもありますが、一人一人をしっかりと見て、指導もしてあげたいので、バランスを考えながらやりたいと思っています。

また、この年齢の子どもたちには難しいテーマかもしれませが、待っている時に、仲間のプレーを見ながら、仲間の良いプレーを盗むという意識を持てるようになると、成長のスピードが加速します。
その点も、少しずつ伝えて行きたいと思います。

また、今日のサイレントストレッチは、みんな集中して素晴らしかったです。
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小6/中学生クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
1、ボール奪取/ファンクショナルストレッチ
2、レクチャータイム(スピンパス)
3、4対4・5対5(ワンバック・ルール)
4、下半身筋力強化トレーニング
5、ダイアゴナルシット
6、ストレッチ(各自)

このクラスはグランドを使える時間が限られており、どうしてもテクニック・トレーニングに割ける時間が短くなってしまいます。
他のクラスで10回できるところが、5回しかできなかったりもします。
その分、一つ一つのプレーに集中してやること、すなわち、コーチの示したポイントを正確にクリアできるように意識をもってプレーすることで、トレーニング効果を高めてほしいと思っています。

今日のタッチゲームには新ルールを導入しました。
タッチが起きるたびに、ディフェンスの一人(タッチした人)が自陣ゴールまで戻らなければならないというルールですが、いくつかの点でメリットを感じることができました。
しばらく続けてやってみようと思います。
(林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ






いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>