Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年4月16日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

鷺沼クラスも晴天のスタート。
今年度はあまり天候に泣かされる日が多くないといいのですが。

どちらのクラスもあまり大きな変更はないのですが、それぞれに少しずつ新メンバーが加わり、少しにぎやかになりました。

小学1年生から中学3年生まで、それぞれがどのような成長を見せてくれるのか、また楽しみな1年が始まります。
(林)


【小1-2/小3‐5クラス】 17:00-18:15
■今日の練習
①ラグビー・サーキット(障害走)
②ストレッチ
▼1・2年生
③キャッチ、アーリーキャッチ、イレギュラーボールキャッチ
④1対1
⑤ストレッチ
▼3‐5年生
③スペースステップ
④スペースステップコンタクト
⑤スペースステップ1対1
⑥スペースステップ2対1
⑦ボールアクティビティ
⑧サイレントストレッチ

▼1・2年生
今は2人しかいないので、他の人のプレーを待っている時間がほとんどありません。
すなわち、ず~っとプレーし続けられるのです。
この年代の子どもたちは(大人とは筋肉の質も違うこともあって)疲れと言うものを知らないので、ず~~~っとプレーし続けても全然平気なようです(^^)

少しずつ、様々な基礎を楽しみながら身につけて、上級生とも一緒にできることも増えていけばと思っていますが、まずは入り口としてキャッチの練習。
ボールを手で取ってみよう→ハンズアップしてみよう→アーリーキャッチしてみよう→スピードを落とさずにとってみよう→顔が逃げないようにしてみよう
こんな順番で少しずつステップアップしたのですが、あっという間にアーリーキャッチができるようになってびっくりでした。
ここでも、2.5号球がかなり効いている気がします。
大きくなくて重くないボールは、小さい子にも無駄な恐怖感を感じさせることなく、積極的にキャッチにチャレンジしてくれました。
結果として、予想以上の速さでテクニックを習得していってくれています。

キャッチの練習は、誰かとの競争ではなく、自分自身が課題をクリアできるかどうかのチャレンジで、できたりできなかったり、一つ一つのプレーを楽しみながらできていたようです。
一方で、友達との勝ち負けが決まる、1対1の練習では、負けると急激に不機嫌になってしまうので、こちらとしても加減の難しいところでもあります。
来週以降も、コミュニケーションをよくとりながら、様々なプレーにチャレンジさせてあげたいと思っています。
(林)

▼3‐5年生
今日はステップをメインとしたトレーニングを行いました。
ウォーミングアップ含め、運動量が多い日だったと思います。
最後まで体を動かすことへの高いモチベーションをもって取り組んでくれました。

今日から、最後のストレッチの時間に、いっさいの私語や、心の声を出してはいけない、サイレンストレッチを行いました。
これも鍛錬が必要ですが、まだ、まだ、しゃべらないことが、我慢ができない生徒も当然ながらいます。
これもひとつのチャレンジです。
来週は30秒間、我慢できるかな?
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小6/中学生クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
1、トリカゴ+。/ファンクショナルストレッチ
2、レクチャータイム(サンドイッチパス)
3、ナンバー2対1
4、4対4・5対5
5、アジリティ・トレーニング
6、ダイアゴナルシット
7、ストレッチ(各自)

このクラスは、ラグビーパークの中で唯一、室内でのトレーニングがあるクラスで、これまで、様々なフィジカルトレーニングを行ってきました。
たいていは林が担当していましたが、今年度は川合が担当する時間も多く作り、アジリティやテクニックも含めて、様々なことにチャレンジしてもらおうと思っています。

今日はアジリティのトレーニング。
時間が短いのであまり深く追求することはできませんが、日本代表の選手も練習するようなことにもチャレンジ。
トップ選手のトレーニングには、実はシンプルなものが多く、自ら意欲をもって臨まないと、子どもたちにとってはあまり効果が上がりにくいような気がします。
シンプルなトレーニングはモチベーションが上がりにくいからです。
パークでも、全てのクラスにおいて、特に上級生たちには、そういったシンプルなトレーニングに対し、自分の心で、自分の意志の力で、モチベーションや集中力を高めていくことの大切さをいつも説いています。
既にそういうメンタルを持っている生徒、そこに向かおうとしている生徒、まだまだ準備ができていない生徒など様子は様々ですが、それぞれの段階に応じて、常に“一歩前”を目指して進んでいけるよう、サポートしていきます。
(林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ










いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>