Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年3月5日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

だいぶ暖かくなってきましたね。
夜はまだ少しだけ空気の冷たさを感じますが、このまま暖かくなっていってくれればと思います。

出だしでいつも気候のことを書きますが、記録の意味も含めて、それは続けていくと思います。
他に書くことがない日も結構あるのですが、それはそれで、無理して何かを書こうと思ってもあんまり大したことは出てこないので・・・(^^;)
(林)


【小学生クラス】 17:00-18:15
■今日の練習
①10回パス
②ストレッチ&アジリティ
③ニーリング・パストレーニング
④チェイス・ランパス
⑤2対1(AT段差Random)
⑥3対3(ハーフはコーチ)
⑦ビリビリ・ストレートラン
⑧ストレッチ

アーリーキャッチして、そのまま上半身のスイング(ショルダーターン)だけでパスをするという動作をマスターさせてあげたいと思っています。
プレー中、下半身の状態に関係なく、どういう状況でも、出したいときに、出したいパスが出せる、そんなプレーヤーを目指してのことです。
子どもによっては、新しいパスの種類と捉えてやってもらっています。
新しい動きにチャレンジすることはなかなか難しいので、あれやこれやとこちら側も試行錯誤ですが、辛抱強く、彼らの上達を引き出していきたいと思っています。
このパスができるようになると、2対1をやっても、3対2をやっても、かなり上手にできるようになると思います。

そうなると、タッチフットのレベルも上がって、トレーニング効果も出てくると思います。
今は、、、しばらく封印かな~(^^;)
 (林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小5・6/中学生/高校女子クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
1、カラーターン3対2、3対3/ファンクショナル・ストレッチ(ショート)
2、ショートクイックパス
3、4対4,5対5(+ワイド)
4、キックボックスエクササイズ、ダイアゴナルシット

このクラスはグランドでプレーできる時間が短く、基本スキルのトレーニングが他会場のクラスに比べてとても短いまま来ているので、実戦の中でそのマイナスのアドバンテージが感じられるシーンが、最近多くみられるようになってきました。
そこで、一度、ゲーム時間を短くして(もしくは無くして)、徹底的に基本スキルを身につける機会を設けることも、考えてみたいと思っています。
みんなはゲームをやりたくてしょうがないと思いますが、基本スキルがレベルアップすることによって、ゲーム自体もレベルアップして、もっと楽しめるようになるはずですし、何より、彼らのラグビー人生のために、今この時期に、身につけさせてあげたいのです。
才能のあふれる子たちが集まっているので、彼らがどんな場所でプレーしても通用できるように、考えていきたいと思います。


話しは変わって、今日のキックボックスエクササイズは、一つ一つの動きを大切に、力を込めてやろうというテーマが浸透し、今まででも一番、身が入ったものとなりました。
本気でやるとかなりきついんですよね。
短い時間ですが、良い全身運動になったと思います。


最後に・・・
今日も、ラグビーパークでの、プレーヤーとしての、生徒としての“在り方”について、話し込まなければならない場面がありました。
最近、この話題が続いているような気がするので詳細に触れるのは今日はやめておきます。
生徒全員、一人残らず、一人一人のことを想う私たちの心が、彼らに届いてくれることを祈っています。
 (林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ








いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>