Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年2月19日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

日中は雪がぱらつき、地域によっては少し積もったようですが、会場の状態はむしろ良好。
降雪・降雨もなく、以外にも人工芝の湿り具合もたいしたことなく、滑りやすいということもありませんでした。
気温はかなり低かったので、両クラスとも、体の温まった状態を維持することに気を付けながらのレッスンとなりました。
(林)


【小学生クラス】 17:00-18:15
■今日の練習
①サグビー・ラグビー
②ストレッチ&アジリティ
③すり抜け突破
④連続2対1(DF横動き)
⑤2対1(DFコーチ)
⑥ストレッチ

日中の悪天候もなんのその、お休みも意外と少なく、集まった子たちは元気いっぱいに大汗をかいて動き回りました。

新メンバーや低学年の子たちの中には、ラグビーパークで挑戦するスキルがまだ身についていない子もいますが、実践的な練習の中で細かいアドバイスをしていくことで、少しずつできるようになってきています。
今日は、2年生のTくんも素晴らしいパスをしていましたし、新メンバーのRくんも、2対1のコツをつかみ始めている様子で、その進歩をとても嬉しく思いました。

誰もが、3歩進んで2歩下がる、、、という点は同じです。
1回でできるようになるようなことはなく、様々なスキルを少しずつ自分のものにしていく、長い修行の道ですので、こちらも焦ることなく、丁寧に導いていければと思っています。
 (林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小5・6/中学生/高校女子クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
1、ドリブル・バトル/ファンクショナル・ストレッチ(ショート)
2、カラーターン3対2
3、4対4
4、股関節トレーニング、ダイアゴナルシット

この1・2ヶ月でまた新メンバーが増えています。
そうなると、いつものことですが、クラスの雰囲気は少し影響を受けます。
特に、新メンバーが、在校生に優しく受け入れられる中で、人間関係にも慣れてきて、初めの緊張感がなくなって逆に緩みすぎる時期があります。
(主に小学生メンバーの話ですが)当然ながらまだまだ子どもなので、すぐに影響を受けて自分もゆるゆるになってしまう在校生も出てきます。
まあ、大人でも時には苦労することですが、“メリハリ”ということが、自分の意識だけでは保てなくなってしまいます。
また少し時間はかかりますが、自ら気づき、自ら変わる、、、そういうタイミングが訪れるように、様々なアプローチで向き合っていこうと思っています。
彼らの先輩たちがそうやって成長していったように。
 (林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ






いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>