Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2012年11月13日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

秋の涼しさは少しずつ冬へと近づいてはいるものの、今日は比較的穏やかな気温で、少し動くとすぐに汗ばむくらいでした。


【小学生クラス】 17:00-18:15
■今日の練習
①ボールコントロール(足で)
②ストレッチ
③チェイス・ランパス
④チームアタック(対ホールドディフェンスコーチ)
⑤5対5(ダウン&オーバーVer.)
⑥パスタイムバトル、ターゲットキック
⑦ストレッチ

2年生の体験生が一人来てくれました。
ラグビー経験もまだ短いとのことでしたが、先輩たちに囲まれながらも、決して物怖じしたりせずに、一つ一つのメニューを一生懸命プレーしてくれました。
在校生たちには、かつて自分たちがそうしてもらったように、後輩を温かく見守りながら、彼が上手になっていけるように、みんなで協力してほしいという話をしました。

このクラスでは、新入生が増えたことにより、いままでのバランスは崩れていっています。
新入生に徐々になじんでもらうとともに、新たなバランスを作り上げる必要があります。
通常、在校生に対して新入生の割合が少ないときは、放っておいても新入生が馴染んでいくだけで元々のバランスに整っていきますが、今回のように(在校生5名-新入生2名、約3割)、ある程度新入生の割合が大きくなるようなときは、注意して全体を導いていき、新たなバランスを作り上げていく必要があるのです。

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小5・6/中学生/高校女子クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
①2対2(段差Ver.)
②ファンクショナル・ストレッチ
③5対5(ダウン&オーバーVer.)
④股関節トレーニング、ダイアゴナル・シット
⑤ストレッチ

最近入学した6年生のRくん。
彼のラグビーに対する姿勢、コート外での振る舞いにとても感心させられています。

ラグビーに対しては常に真剣で、もちろん、どんなプレーにもまじめに取り組みます。
自由なストレッチな時間を設けると、ほとんどの生徒が気が抜けて時間を浪費する中で、彼は黙々と自分に必要なストレッチを行っています。
コート外では、常に礼儀正しく、しっかりと立ち止まって腰を折ってあいさつする姿など、とても小学生とは思えません。
そうそう、ラグビーパークのレッスンを途中で抜けて、その足でスクールの練習に向かう日もありました。遠く電車を乗り継いで、、、。

そんなRくん。
スキル面でも、変な癖があったりもせず、すぐに他の先輩たちのプレーにもフィットすることができていました。
まだまだ遠慮している部分も大きいと思うので、これからもっと深くコミュニケーションをとれるようにして、彼の成長をサポートしていきたいと思っています。

新しい出会いは、お互いを成長させる絶好の機会です。
どちらにとっても良い影響が生まれるよう、注意深く見守っていきたいと思っています。

担当コーチ:林拓司/川合レオ







いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>