Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2012年11月6日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

昨夜から荒れだした天気もレッスン開始頃には落ち着いて、曇天ですが、雨には邪魔されずにレッスンができました。
どちらのクラスも、少しずつ新しい仲間が増えていて、にぎやかな雰囲気になってきています。


【小学生クラス】 17:00-18:15
■今日の練習
①アジリティ・トレーニング(キック&キャッチ、シャドーラン、ジャンプ&サイドラン)
②ストレッチ
③チームアタック(対ホールドディフェンスコーチ)
④4対4
⑤ボール・ハンドリング、キック・ターゲット
⑥ストレッチ

このクラスにはこのクラスのペースがあり、ある程度はそれに合わせて、子どもたちの意欲がしおれないようにと考えながら進めています。
新メンバーが続いて増えるような時期には、そのペースが一時的に乱れる一方で、新たなペースを築き上げるチャンスでもあります。
元のままが良い場合もあるので、そこは慎重に見極めながら、集まってくれる一人一人にとって、より意味のある時間を築いていけるよう、よく考えていきます。

元気で能力も高い3年生が2人(1人は来週から)、新しい仲間になりました(^^)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小5・6/中学生/高校女子クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
①ランダムポジション・3対2/ファンクショナルストレッチ
②4対4(ダウンVer.)/ケガでプレーできない中2の二人はレオコーチ特製リハビリメニュー
③全身の機能的トレーニング(下半身の負荷を強めに)
④ストレッチ

先週体験に来てくれたラグビー未経験の5年生が、正式に入学してくれて仲間になりました。
ラグビーに対して興味と好意を持ってくれたようでよかったです。
このクラスでは、彼に、個人的にラグビーのイロハを教える時間はなかなか作れませんが、「習うより慣れろ」的なやり方で、徐々に慣れていこうと話をしました。
まだまだ遠慮がちですが、各スクールから集まった猛者たちの中で、徐々に慣れていってくれそうです。


フィジカルトレーニングの最後に、次のような話をしました。
「毎週同じフィジカルトレーニングをしてると、知らないうちに体がサボり方を覚えてしまって、別にサボろうとか思ってなくても、楽な方に逃げてしまう。
そこを、どういう風に切り替えて、自分により厳しくできるかどうかは、あくまでも自分自身の問題。
周りからはわからないし、自分自身の勝負なんだ」

レッスンの最後に、次のような話をしました。
「人間だれでも、いたずら心や、いじわる心がある。
大人だって一緒。
でも、それをどうやって抑えるか、っていうのは、自分自身の力。
コーチがどなったり殴ったりはしないよ。
僕たちは、君たち一人一人に、素晴らしい選手、素晴らしい大人になってほしいから、そういうことを、よく自分で考えてほしいと思ってます」
「ラグビーパークはまだ3年目で歴史も浅いけど、ラグビーに対する姿勢、真剣に取り組む楽しさ、集中力を高め、分かり合う仲間、、、そういった良い伝統を、先輩たちが作ってきてくれている。
新しいメンバーが入ってきたとき、下級生を迎え入れたとき、自分たちがここで得た、身につけた、良いことを伝えていってほしい。。。
よろしくお願いします」
中学1年生は、まだ小学生時代の名残りがたまに出ちゃうかな。
それも無理ないけど、ここで一歩、ステップアップしてくれることを期待しているのです。

担当コーチ:林拓司/川合レオ







いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>