Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2012年7月11日(水) 17:30-19:00/YC&AC(横浜)


まだ、梅雨は明けていませんが、日中は、もう、夏ですね。
夕方は、まだ、涼しい風が吹いているのので、暑さをそれほど意識させられず練習していますが、水分補給は、こまめにするように心がけています。

今日は、ラグビーパークの子ども達への現場での指導以外で、私、川合がラグビーパークの代表として関わっている活動ご紹介させて頂きます。

■日本ラグビーフットボール協会
JRFUでは下記のお仕事をさせてもらっています。
・プレーヤーの育成指針の作成
・エリートプレーヤーの強化合宿の企画立案や資料作成
・ジュニアジャパンのコーチ

上記に絡んで、7月15日~7月20日は日本代表の合宿で菅平に行ってきます!!(途中で一時下山しますが・・)
また、7月26日~8月1日までは、IRB(世界ラグビー機構)のエデュケーター資格(コーチをコーチする資格)を取得すべく、資格講習会に参加してきます。

IRBのエデュケーターの資格は世界的な資格なので、JRFUからの推薦がないと受けられないそうで、今回、推薦を頂けたことに感謝しつつ、しっかり勉強してきたいと思います。


■日本体育協会の「夢」先生(タグラグビー指導)
日本体育協会には、全国の幼稚園、小、中学校で希望があった学校に、元日本代表の選手が先生となって、スポーツの楽しさを伝えるというプロジェクトがあります。
昨年度も数回お引き受けしたのですが、今年度もお声掛け頂けたので、9月から月に数回、学校を訪問して、タグラグビーの指導とスポーツの素晴らしさ伝える講和をしてきます!
人数が多い時には、もちろん、タクコーチにお手伝いしてもらっています。
パークの企画ではありませんが、勝手に「出張パーク」のつもりでやっています!


■アスリートへの教育(研修会の講師)
現在、日本オリンピック委員で委員をしている関係で、ラグビー選手だけでなく、様々な他の種目の新人選手の研修会で講師の仕事をしています。
先日は、日本の未来を背負ったラグビーのトップリーグの新人選手たちに講師としてお話しをしてきました。
6月はラグビー選手ではなく、他の様々な種目の実業団選手にお話しをしてきました。
講話の内容は、その都度、相手先の要望によって違うのですが、基本的には、
「アスリートとしての心構え」、「セカンドキャリア」、「アスリートとしてのリスク管理」
などがテーマです。
7月27日からロンドンオリンピックが始まります!!
ラグビーだけでなく、チーム日本を、ぜひ、応援してあげてください!

日本トップリーグ連携機構
http://www.japantopleague.jp/jtlnews/news_20120622_01.html


■tvkラグビー解説
早いもので、9月からラグビーシーズンです!!
放送予定は、まだ、未定です!


■そして!!私の拠点であるラグビーパーク!!!!
7月22日はラグビーパーティーが開催されます。
いつものごとく、告知が遅れ、申し訳ありません。
告知が遅くなり、さらに週末なので、すべての生徒や、ご父兄が参加することは難しとは思いますが、参加できる人たちで楽しみましょう!
お申し込みがまだの方は、15日までですので、よろしくお願い致します!


私がラグビーパークの子ども達への現場での指導以外で、スポーツの現場で活動することは、私を成長させてくれます。
それは結果的に、すべて、ラグビーパークという団体と、そして、私自身や、他のコーチの学びにつながっていると思います。

これからも感謝の気持ちを忘れずに、ラグビーパークでの指導も含め、ラグビーの発展、そして日本のスポーツの発展に向けて、日々、精進して行きたいと思っています。


【小6/中学生/高校女子クラス】
今日は、お休みがいたこともあり、最後のタッチフットは、学年をもみんなミックスして行いました。
今、このクラスのタッチフットは、模擬ラックルールで行っているので、2人目のサポートプレーヤーの寄りのはやさ、その時の強い姿勢の取り方など、コンタクトがなくてもラグビーのゲームに非常に近い状況でのゲームを行っています。

他のクラスも同様ですが、少しずつルールを変えてレベルを上げています。
異年齢の集団であるラグビーパークとしては、色々と試行錯誤しながら、今後も様々なゲームを考案して行きたいと思っています。

パークでのゲームレベル(ノーコンタクト)
レベル1・・・1対1/2対1・・(コーチがホールドDF)
レベル2・・・1対1/2対1・・(選手)
レベル3・・・1対1~3対2/4対2・・(コーチがホールドDF)
レベル4・・・1対1~3対2/4対2・・(選手)
レベル4・・・3対3・・タップバージョン(選手)
レベル5・・・4対4・・ダウンバージョン(選手)
レベル6・・・5対5~7対7・・ダウン模擬ラックバージョン[オーバー1人・ジャッカル1人](選手)
レベル7・・・7対7~   ・・ダウン模擬ラックバージョン[オーバー2人・ジャッカル1人](選手)

練習メニュー
1、キックパスゲーム
2、グリットハンドリング
3、サポート&サイムウェイアタックドリル
4、ファンクショナルストレッチ
5、4対3 模擬ラック・キックキャッチバージョン
6、6対6 模擬ラックタッチフッ ト

担当コーチ:川合レオ


【小学生クラス】
■今日のメニュー
①リアクション1対1
②ストレッチ
③連続アタック
④リロード3対2、5対5(AT有利ルール)
⑤5対5(模擬ラック形式)、3対3(模擬ラック形式)
⑥ストレッチ

ウォーミングアップが盛り上がりすぎて、かなりの時間を費やしてしまうことがたまにあります。
今日のメニューは新しいもので、①ランダムな開始タイミング②有利不利が毎回変わるシチュエーション③攻撃・防御ともに、少しでも早く前進した方が有利、という3つの条件下での1対1を行いました。
その中で見られた子どもたちの対応の変化や集中力の上昇など、予定時間をオーバーしても続けるだけの価値(効果)が感じられたので、少し長めに行いました。
何にせよ、子どもたちが前向きなモチベーションで集中でき、楽しめているのであれば、多少予定が狂ってもかまわないから、しっかりと時間をとってやってあげようと、いつも思っています。
結果として、その次のメニューがぐだぐだになってしまったのでそれは早めに切り上げて先に進めたのですが、アップからの流れが最後まで良い影響を残してくれていたように思います。
子どもたちの心は変わりやすく、タイムマネージメントは本当に難しいですが、出来るだけ子どもたちの心の変化を読み取りながら、効果的なレッスン運営を心がけていきたいと思います。

担当コーチ:林拓司








いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>