Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2012年6月12日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

どうも今年の火曜日は雨が多いですね。
今日も終始雨が降り続け、気温も少し低めとなりました。

今日はジュニア・ジャパンの指導(合宿中)のため、川合レオコーチはラグビーパークはお休みでした。


【小学生クラス】 17:00-18:15
■今日の練習
①ラン&キック
②ストレッチ
③サグビー・ラグビー
④グラバーキック・バトル
⑤ストレッチ

もともと人数の少ないクラスですが、今日の雨でさらに半減。
3名のみでのレッスンとなりました。
こんな日は開き直って、運動量と楽しさの追求です。

子どもたちが愛してやまない(笑)、サグビーというメニューをメインにしましたが、ご要望にお応えして、生徒3人対コーチ1人という構図に。。。
これはさすがにきついぞ、と思いつつも、独りよがりで、まったくまとまりのない子どもたち3人を相手に、前半は得点を重ねまくって、コテンパンにしてあげました。

そしてハーフタイム。
「1対1でコーチに勝てるわけないでしょ。
1対1だと、コーチは余裕でプレーできるよ。
でも、3人がまとまって、そこに良いプレーが生まれたら、さすがにコーチも慌てるよね。
そういうシーンが前半は全然なかったなあ。
これは後半も余裕かな(笑)
じゃあ、あと3分、作戦タイムね」

なにやらあれこれ話し合っている3人。
後半スタート。

Iくんがコーチをひきつけて、左サイドをあがっていたRくんにパス。
そのままゴールに迫るRくんにようやく追いついたコーチがからんで、こぼれたボールをKくんが押し込んでゴール!
(ちなみに、もうだいぶ慣れていて、楕円球なのに、サッカーボールみたいにけっこう正確にパスができていますw)
喜んでハイタッチする子どもたち。

突然、個人からチームになった感じ。
後半開始早々、チームワークを見せつけ、コーチから得点を奪った3人。
コーチ:「ちょっとヒントあげただけで、そんなに急にチームワークできなくてもいいよ(笑)」
嬉しそうな子どもたち:「いいでしょ!」
コーチ:「さすがに今のはちょっと焦ったぞ。困ったなあ。3人を相手にするのはきつい・・・」
子どもたち:「よーし、気を抜かないで行くぞ!」「おー!」

その後も、随所に良いプレー、チームワークを発揮し、ゴールやトライを重ねたのでした。
こうなると雨も関係ないね!

担当コーチ:林拓司


【小5・6/中学生/高校女子クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
①ファンクショナル・ストレッチ
②4対4、5体5(ワイド)
③ストレッチ(各自)

夜になり、気温も一段と下がり、けっこう寒そうな薄着の生徒たち。。。
「寒い日に、寒いかっこうで来て、寒い・・・とか言ってるのって、アホだよね~」とか言いながら、ファンクショナル・ストレッチで身体の準備をし、時間いっぱいタッチフットで動き回るというメニューにしました。

中学2年生は、もちろん臨機応変な対応力にも優れていますが、ところどころ、よく考えられたプレーで、鮮やかに相手を抜き去ります。
中学1年生は、最近、成長が著しく、常に積極的なプレーが見られます。
6年生は、今年度に入り、ぐっと大人になって、プレーも中学生に決して引けを取らない迫力でプレーできています。
新メンバーの6年生も、このクラスにもだいぶ慣れてきて、鋭い動きで周りをあっと言わせるシーンも増えてきました。
5年生は、先輩たちに対する遠慮(委縮)も少しずつ無くなってきています。
今は、それぞれの良い部分を伸ばしながら、+α、少しずつプレーの幅を広げていっています。


先日、ラグビースクールの交流戦を観戦させていただきました。
その際に保護者の方から聞いたお話し。
このクラスで一緒に学んでいる中学生と小学生が、同じスクールに通っているのですが、スクールでも、中学生がよく小学生の面倒を見てくれているらしく、そのコミュニケーションの中では、色々なアドバイスがとても素直に入りやすいようです。
そういう関係ができてきていることを、本当に嬉しく思いました。
KZYくん、これからもよろしく頼むよー!(^^)

担当コーチ:林拓司











いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>