本日の空模様

☆色んなテーマで自由に書きたいと思います☆


テーマ:

こんばんは。

本日は嬉しいことに、ものすごく気持ちの良い天気の中出かけることができました。

 

感謝。

 

行先は、押上。スカイツリーのあるところです。

住所で言うと、墨田区文花にあります

 

『スパイスカフェ』

隠れ家的な、人気のカレー屋さんです。

 

 

完全にナビゲートしていただきまして、心地よいお散歩で到着。

 

このあたり、都内なのに人が少なくてすごく良いですね!!

 

お天気が良かったのもかなりのプラス要素でしたが。

 

 

 

どうですか!!

 

 

素敵!!

 

素敵!!!

 

 

素敵すぎる!!!!!

 

 

はぁぁぁぁ~・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

 

 

 

 

二種のカレーを選択。

二種は、エビとココナッツを選択。

 

 

(´▽`)♪


ごはんだけでもいいと思ったのに、カレーが二種運ばれてきて…
 

 

感動・・・・・

 

感動の美味しさでした・・・・・(*´エ`*)

 

 

デザート&ドリンク付です。

 

 

感動と満腹、大満足でお店を出る。

 

 

しかし今日はGWの頃くらいの陽気でしたよね。

 

道沿いにサツキ(つつじ?)が満開の樹もあって。

樹ごとぜんぶが蕾のものがほとんどの中、これだけ全部咲いてて満開。

お花にも個性があるのですね。

 

 

コデマリとスカイツリー

 

 

こいのぼりとスカイツリー(のふもと)

 

 

御殿場桜とスカイツリー

 

 

塩パンやさんがあった。オープンしたばかりのようです。

愛媛のお店だったかな?

 

 

味見に一つ。

 

 

一口だけかじって(温かい、バターじゅわっ)

バッグに押し込む。

(潰れちゃったけど、、娘にお土産)

小倉と生クリーム、っていうのとか、メロンパン風のとかもありました。

 

 

このあたり、何度もマリオカートが通った。

全部違う人たち。。いっぱいいるんだなぁ~

 

マリオキャラのコスプレしてる外人さんたち、普段何をしている方々なんだろうー??

 

人力車も走り抜けたし、バスが海に飛び込んで船になるダックなんちゃらも2台通ったなぁ~。

 

 

隅田川、吾妻橋。

新参者にはこのあたり出てきますね。

カメラの設定、なんだか変なところを触ったらしく、、色味が変。

 

 

Asahi

真横を通ったのは初めて。

すごく大きいのねこの金色の、、、ビールの泡?

正解は、聖火台の炎ですって。

ビルもこんなに金ピカなんだなぁ。

 

 

 

続いて、『ペリカンカフェ』

 

 

食パンで有名なペリカンと同じ通り沿いにオープンしました。

 

 

美味しゅうございました。

 

 

押上から田原町まで気持ちよく歩いたなぁ。

良き日になりました。感謝!!

 

 

ではではまたバイバイ

 

 

 

 


テーマ:
こんばんは。

今日はこちらの本の感想を。

日本ファンタジーノベル大賞受賞作品
『太陽の塔』
 
ファンタジー??ファンタジーなの?
 
と思いながら読み進めていくと
 
『ファンタジーだわ!!』と納得。
 
妄想という名のファンタジーで埋め尽くされている。
 
八割方、主人公の思索と妄想であった。
 
 
森見さんの本は、10年近く前に読んだ
『夜は短し歩けよ乙女』が最初だった。
それ以来、読んでなかったなぁ~そういえば!
読書自体に対してマメではなかった。

夜は短し歩けよ乙女、も確か京都の大学生の話だった。
それで、ものすごく面白くて、読み終えた後もしばらく余韻に浸った記憶がある。

 
今回読んだ、太陽の塔は、森見さんのデビュー作だったようですね。

一言で感想を言うなら。。。
 
『予想以上に面白かった!』です。
 
 

舞台は京都。

 

主人公は京大生でありながら、4回生の時大学を逃げ出した身。
(退学はしておらず休学中らしい)

非常にプライドが高く、堅苦しく融通が利かなそうなタイプ。

地球環境と両親以外には、譲歩する気持ちも、恥じる行動も一つもない!と自分に自信満々。

 

読み始めは、やたらと難しい言葉や漢字が目につき、私に読めるのだろうか?と一瞬思うのだけど、これが不思議なことに楽しく読めてしまうのね。まるで魔法のように。
 

 

冒頭でまず『彼女はあろうことか、この私を袖にしたのである』というところでひっかかる。

 

”袖”??

あぁ~なるほど、振られたのね!

 

その後、籠絡、天誅、慄然、妄想的債鬼、などと聞き慣れない言葉が次々と。。。!

法界悋気なんていう四字熟語は初めて知ったし、邪眼という言葉もやたらとたくさん出てきたので、もう私自然に使えると思う。

 

しかしその言葉たちが何度か繰り返されるうちに、目が慣れてくるのか、意味も自然に取り込んでいるし、だんだんと難しいと感じなくなってくる不思議。。

 

しとど、という言葉は、米津さんの楽曲にも出てくるけどそこでは雰囲気だけ楽しんで意味まで調べなかったけど、こちらの話にも出てきて初めてその意味を知った。

 

とにかくとにかく、自分を100%正解と思い込んでいる、この口調までお堅い大学生の生活が、滑稽で滑稽で、愛らしくさえもあり、、クスクス笑いながら読まずにはいられない内容でありました。

ファンタジー+コメディ

 

こちらの話を読んだことのある友人から、あらかじめ”Gキューブ”のことは聞いていた。

Gとはもちろん、数億年の歴史を誇る強靭な生命力を漲らせたアイツのことでありますよ。

 

それで、そのくだりが出てきたときには、『はいはいはい、大丈夫』と身構え、あまりその姿を鮮明に想像しないよう、さらりと読むことで気持ち悪さは全く感じずに、むしろ、もうそのエピソードがおかしくておかしくて!(小学生の戦いみたいなことを大学生がやってるから)

よし、乗り切ったぞ、とばかりに友人に『Gキューブのところ面白かった』と話した後。。。

 

不意に、不意に!

 

やられた笑

心構えをしないで読むと、これほどまでにゾワゾワするものなのかと感心してしまう。

 

 

たびたび登場する、叡山電車は、本の表紙にもあるのでイメージは出来るのだけど、ホンモノはどんな電車なのかと調べてみると…

 

こんなのや
こんなのや
 
他にも色んなタイプのものがあったけど
 
物語に登場する叡山電車は、なぜか丑三つ時に路地に登場したり夢の中に登場する。
 
叡山電車っていう響きからしてもうファンタジックですよね。
(実際にあるんだけど)
 
夜は短し…にも、不思議な三階建ての電車が登場しましたよね、そういえば。
 
この話の軸となるのは、主人公が振られた相手、水尾さんという元彼女への想いを断ち切れず、でも、表面上は頑としてそれを否定するのだけど、いつも頭の中にあることは彼女に関連づいたことだったり、実際に行動に出てしまったり。

それにまつわっての、友人たちとのあれこれもとても面白かったなぁ。いや、それこそが、面白かったなぁ。
 
何か大きな事件が起きるわけでもなく、ミステリーを解決するわけでもなく、ただのさえない大学生の生活と妄想で綴られる物語ではあるのだけど、何か普通じゃない奇妙で愛すべき世界なわけです。
 
さて…うまい〆の言葉が見つからず、このまま終わりますが
 
コレを読んだからといって、決して読んだ気にならず、ぜひ森見さんの味のある言葉の数々を、読んでみてほしいです。
 
私、森見さんの文章の面白さを、全然ちゃんと表現しきれていないですから。読んでみればなるほどね、とわかってもらえると思います。
 
余談ではありますが
非常に嬉しいことに、この、京都の物語を読みながら、美味しい京都の銘菓をポリポリといただきました。
 
ただの金平糖とあなどるなかれ、創業1847年の老舗、緑寿庵清水のものであります。

先日友人にいただきました。熟練の職人さんが2週間もかけて作り出すという高級品なので非常に恐縮しましたが、ありがたく。
 
私の職場にはこの金平糖やさんの大ファンがいて、わざわざ京都まで買いに行くそうですよ。
 
 
 
もう一つ、もっと余談ですが
たった今我が家に起こったファンタジー…いや、ミステリー。。
 
卵です、はい。
 
さっき、私がお風呂に入るまでは二つ残っていたはずなの。
 
今日は、ぷりぷりのエビが美味しいパスタにしたのだけど、サラダに卵を2個使いました。
 
 
使う前は、4個あった。
 
2個使ったから、2個残っていた。はず。
 
なのに、さっき冷蔵庫を開けたら、1個しかない、謎。
 
殻もない。
 
娘よ、、卵をどうしたの・・・?
 
娘とは冷戦中なのでほぼ喋っていないのだけど
確か西原理恵子さんちもうちとそっくりな感じで
すごく安心したんですよね笑
 
この本にある、西原さんと娘さんとの関係。
私と娘みたいで笑

まぁ、これに倣うと、半年は喋らなくてもいいかなって思えて。
だいぶ楽観できるようになったんですよ。
 
というわけで、敢えて、『卵いっこどうした?』なんて聞かない。
 
謎。。。気になるけど、いつか聞こう。
 
 
 
ではではまたバイバイ
 
 
 

テーマ:
こんばんは。

気付いたんです、過去の思い出を取っておくのには、こちらのブログが一番いいな~と。

Facebookは時々気まぐれに”数年前の今日”っていう投稿を見せてくれますけど、自分から昔の投稿は探しづらいですし、ツイッターなんてもってのほか。遡ろうと思っても遡れません。

あれは”今”を呟くものだから、取っておくものではないしね。

というわけで、マイブームがアメブロじゃなかった去年の7月から9月あたり。ブームか否かというよりもスマホの調子とかパソコンの調子とかだったかもしれないし、気分の問題だったのかもだけど、覚えていませんが。(とにかく、なぜだかポッカリ2か月空いているので)
Facebookに残していた思い出をこちらに移しておこうかなと。

思い出に浸って前を向かない暗い人っていうわけじゃないですよ私。ただ、色々モノを捨てて行かなきゃならない昨今。思い出くらいは取っておいてもいいじゃないですか。

 

こちら、、先日娘に『好きなの食べていいよー』と言ったお寿司ね。

結果はこの通り。私、そんな気はしてたけど、やっぱりサーモンは食べられなかったです笑

 
 
 
さて、ここから思い出を失礼します。(自己満足です、すみません!)
 
 

升の中にパフェが入っているの。

1500円くらいだった記憶…。

 

別の日。
 
 
一方同じ日、娘はひたちなかのロッキンジャパンフェスへ行っててRADWIMPSを2列目中央で見たと興奮して教えてくれた。

娘、なかなか写真撮るのがうまいのよ。

 

さらに別の日。
 
 
 
 
そして映画。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時の番外編の思い出はー・・・
初めて娘をまほろ座へ連れて行ってみたんですが、少し前に美容院のことで喧嘩しましてね。(一方的に娘が怒ってただけなんですが)
ずっと不機嫌だったので所在無く、どうしよー?ってとある仲間にラインしてみたら送っていただいた、この”偽”サインにすごく励まされたというね。すごく笑った。その節は、ありがとうございました!

あまりに嬉しかったのでこの画像たちは永久保存してます。
(サトミツさんのお顔がぁぁ、、)
 
 
2017年9月19日(日)
娘の高校の文化祭へ。

娘が一年間だけ所属した、チア部の引退を見届ける。
素晴らしかった。
 
 
2017年9月25日。
実家へ帰省した帰りに、いつも新宿へ立ち寄って、好きなパン屋さんでパンを買って帰るのが自分の中で恒例となっているのですが、この日は新宿ではなく池袋へ。
以前お世話になったチーフが店長を務める『サンチノ』(365日の杉窪さんプロデュース)の池袋店がオープンしたので行ってみよう!と思いまして。
(いまだ目黒…碑文谷の本店には行けておらず…)
まさかまさか元チーフにお会いできるとは思っていなかったのですが奇跡的にお会いできてものすごくテンション上がったのを覚えています。だって、あと5分行くのがずれていたら絶対に逢えませんでしたもの。そんな奇跡的なタイミングでした!
 
帰省の際の一枚。
父、80歳(昨年当時)。まだまだ車もスポーツタイプの自転車(40年物)も乗り回すしこんな作業もホイホイやっちゃう。
 
読書。
 
結局、映画は観に行っておらず。
 
 
断捨離しなきゃ、と、本を片付けたのはこの頃だったかな…?

かなりの量送ったのだけど、二束三文だったw

 
好きなパン屋さん、メゾンカイザーにて。
 
 
 
 
ここからは日々撮りためているスマホに入った写真の中から。
 
一時期マイブームになったエコルセ。
子どもの頃、すごく頻繁にどなたかから送られておやつでバリバリ食べた記憶。何十年経った今でも変わらぬ美味しさ。
 
 
『ハロー張りねずみ』面白かった。
まほろ駅前多田便利軒を彷彿とさせたり。
 
車のナンバーが、ゴロウとグレになってたり、遊び心満載で!
こういうの大好きなのです。
 
『過保護のカホコ』も好きだったなー。
麦野君がオイオイと号泣するシーン。
 
実家のハカラメ。
 
実家の玄関にバカでかい松ぼっくり。
 
息子の誕生日に、トップスのモンブラン。
モンブランなんてあるんだぁー!?と初めて食べたのですが、これがとても美味しかった。
 
こちらはわりと最近。
プリズム。
光の屈折でできる虹がとても綺麗で大好き。
父からもらったのか黙ってもらってきちゃったのか覚えていない笑
 
 
 
ではではまたバイバイ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。