江戸時代前期の狩野派を代表する絵師、狩野探幽(1602~74)が描いた水墨画の襖絵を中心に、京都府京田辺市の酬恩庵一休寺にある計47面の障壁画がデジタル技術を使って再製され15日、報道陣に公開された。

 障壁画は、国の重文で寺の法要の場「方丈」にあり、襖(ふすま)絵43面を探幽が手がけ、探幽の流れをくむ江戸時代後期の絵師、原在中(1750~1837)が壁画4面を描いた。

 劣化したため寺が大手印刷会社に依頼。スキャナーで画像入力し、傷やシミの形跡をとどめるよう配慮しながら襖の汚れや変色に修正を加えることで、絵の立体感がよみがえった。

 今後、原本は寺の宝物殿に保存し、拝観者にはデジタル再製画を鑑賞してもらう。田辺宗一住職(60)は「これまで絵に亀裂が入ったりして保管に苦慮していたが、安心した」と話している。

【関連記事】
「雲龍」掛け軸 狩野探幽の真筆と判明
切り絵画家 久保修が描く「冬の京都」
大和文華館が「宇津保物語」屏風現存を確認、初公開
明治~大正の阿波踊り図屏風見つかる
京都・二条城で重文の障壁画損傷 取り外し作業中に踏む

鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」(産経新聞)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
薬師寺 映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>女性切り付けた27歳女逮捕 東京・公園で(毎日新聞)
殺人時効5月にも撤廃 法案参院可決、月内成立へ(産経新聞)
AD