【ベルリン小谷守彦】ドイツ東部ライプチヒにある作曲家のバッハ博物館が20日、2年3カ月ぶりに再開館した。公的研究機関「バッハ・アルヒーフ・ライプチヒ」の付属施設で、改装により展示スペースが約2倍に拡充され、ドイツ観光の新たな名所になりそうだ。

 ライプチヒはバッハが没した地。同館は、バッハが晩年働いた聖トマス教会に隣接し、日本人の訪問者は全体の2割を占める。再開館を機に、バッハが1730年、ライプチヒ市に教会音楽への支援について苦言を呈した有名な手紙などの未公開資料が展示されている。

姫路の工事現場で爆発、1人生き埋め?けが人も(読売新聞)
<消費者庁>不当表示で化粧品輸入販売業者に措置命令  (毎日新聞)
原宿・竹下通りのイベントで多数倒れ 13歳少女がケガ(産経新聞)
パトカーが信号無視=衝突、2人にけが負わす-神奈川県警(時事通信)
学費未納は卒業認めず、7県16校の私立高(読売新聞)
AD