08年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で土石流により7人が死亡した宮城県栗原市栗駒の旅館「駒の湯温泉」で13日、遺族らが建立した慰霊碑の除幕式が行われた。地震から14日で2年。遺族や旅館関係者は慰霊碑の前で手を合わせ、7人の冥福を祈った。

 慰霊碑は高さ1メートル、幅2メートル、7人の名前と、被災者や大勢の支援者らとのつながりを表す「絆(きずな)」の文字が刻まれた。

 式には遺族や住民らが出席。母と兄を亡くした同旅館経営、菅原昭夫さん(54)は「旅館は元通りにはならないと思うが、犠牲者のためにも何らかの形で復活させたい」とあいさつした。【須藤唯哉】

【関連ニュース】
荒砥沢ダム:岩手・宮城内陸地震後、初公開
岩手・宮城内陸地震:発生2年 地元の大工が復興に全力
岩手・宮城内陸地震
THISWEEK:今週の予定 13~19日
岩手・宮城内陸地震:あす2年 地元大工、復興に全力 続く避難勧告…早く元の生活を

医療機関の倒産、5月は5件-帝国データ(医療介護CBニュース)
菅連立内閣、8日夜発足=11閣僚を再任、首相就任会見へ(時事通信)
<利益供与要求容疑>みずほ銀に自称総会屋、警視庁が逮捕(毎日新聞)
超党派で「財政健全化検討会議」…首相所信表明(読売新聞)
武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)
AD