東京都武蔵村山市で昨年8月、道路に張られたロープに原付きバイクの女性が引っかかり重傷を負った事件で、東京地検立川支部は25日、米軍横田基地所属米兵の子供の無職少年(19)=福生市=を往来妨害と傷害の罪で起訴した。

 起訴内容は昨年8月13日午後11時半ごろ、ほかの米兵の子供3人と共謀。武蔵村山市内の道路(幅約7メートル)の電柱と鉄柱の間に直径約1センチのロープを張って、原付きバイクで進行中の女性会社員(24)を転倒させ頭の骨を折るなどの重傷を負わせたとしている。

 警視庁は昨年12月、殺人未遂容疑で4人を逮捕。地検は3人を不起訴処分とし、中心的役割を果たしたとして、この少年だけを傷害と往来妨害の非行事実で家裁送致した。東京家裁立川支部は3月、刑事処分相当として地検に逆送する決定を出していた。【池田知広】

【関連ニュース】
改正少年法:逆送は半数程度…8年間で 家裁慎重に運用
掘り出しニュース:「通行人に投げるため」 卵窃盗容疑で逮捕の少年
時代を駆ける:土井香苗/3 「下から目線」の大切さ痛感
防犯ブザー:被害に遭いそうになったら鳴らして 和歌山・西浜中に貸与 /和歌山
裁判員裁判:強盗傷害少年、起訴内容認める--地裁沼津支部 /静岡

「筋通した」福島・社民党 支持率3倍の世論調査も出る(J-CASTニュース)
画家ミュシャの華麗な世界150点(産経新聞)
政府、対北追加制裁を決定 貨物検査特措法も成立(産経新聞)
【新・関西笑談】有馬温泉を売る5つの“秘策”(1)(産経新聞)
取り調べの違法一部認定 大阪高裁(産経新聞)
AD