昨年8月の衆院選で小選挙区埼玉13区から無所属で立候補した際、運動員に報酬を支払う約束をしたとして、公職選挙法違反(買収)に問われた元衆院議員の武山百合子被告(62)(埼玉県春日部市)の判決が2日午前、さいたま地裁であった。

 若園敦雄裁判長は、懲役1年6月、執行猶予5年(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。

 判決によると、武山被告は昨年7月31日頃、春日部市内の事務所などで、運動員4人に対し、選挙運動用のビラ配りなどの報酬として時給900円または1000円を支払う約束をした。

閉校前に熱気球でお別れ 練馬区立光が丘第二小学校(産経新聞)
天皇陛下、体調崩される 風邪の症状など(産経新聞)
自民、石川議員辞職勧告案提出へ 民主揺さぶり(産経新聞)
小沢氏進退「本人が判断」=鳩山首相(時事通信)
「12人大家族」自宅全焼も父強し!翌朝も新聞配達(スポーツ報知)
AD