精油・ハーブを使うときの注意

テーマ:

自然の恵みである精油やハーブ。


ですが、「自然」であるがゆえにすべての方にいいものであるとは限りません。


特に、精油は純度の高い素材ですが、ぎゅっと有効成分が濃縮されたもの。

そのままでは刺激が強すぎることもあります。


精油などを使うときは慎重に扱う(選ぶ)必要があります。

そして製品の取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。

大まかに書きましたが、以下のことには特にご注意ください。


-----------------------------------------------------

1内服は原則として行わない

医師の診断の下、処方されることもあります。(フランス式)

2直接肌につけない

肌につける場合は必ずキャリアオイルなどで薄めましょう。

※真正ラベンダーとティートリーは、にきびややけど等の狭い範囲に

原液をつけることもあります


3目や目の周り、口、膣、肛門など粘膜の部分には使用しない

目や目の周り、口、膣、肛門など粘膜部分に精油が高濃度でつくと

かなり刺激を感じるので注意!

また、精油のついた手で目をこすらないように。


4赤ちゃん、幼児、ペット、妊婦、てんかんの方に使えない精油を確認する

また敏感肌やアレルギーのある方はとくにパッチテストを怠らないこと。


5子どもの手の届かないすずしい場所に保管すること

開封後、1年以内を目安に使いきる。柑橘類は半年を目安に。


6同じ精油を使い続けたり、1日に使う量は多すぎないようにする

作用に慣れてしまうといわれていますので、1か月ほどでレシピは変えましょう。

使用量は大人の場合で7滴前後。


7妊娠中の方、授乳中の方、健康が気になる方や治療中の方は

医師や専門家にご相談ください


注意手作り化粧品、アロマクラフトなどはご自分の責任のもと

お使いください。

ブログ内でご紹介したアロマテラピー、ハーブのレシピなどによって生じた

問題に対する責任は負いかねます。


-----------------------------------------------------


ちゃんと使用方法を守って使えは、毎日の生活の素敵な彩りとなるアロマテラピー。

どんどん楽しんでいきましょうね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ビアンジェ 斉藤智子


参考文献:

AEAJ検定テキスト1・2級、アロマテラピーの教科書、医師が教えるアロマセラピー、

妊娠・出産・育児のためのアロマセラピー、アロマテラピーコンプリートブック 他