政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を同県名護市辺野古周辺とする対処方針を決めたことに対し、与野党から29日、批判が相次いだ。
 鳩山由紀夫首相に近い民主党の川内博史衆院国土交通委員長はTBSテレビの番組で、「辺野古(移設の実現)はそもそも無理だ。沖縄に基地を押し付ける時代は終わった」と指摘。「(政府の判断は)本当に残念だ。賛成しない」と語った。
 国民新党の下地幹郎国対委員長も同番組で、「辺野古には納得できない。沖縄県知事が(公有水面の)埋め立てを認可しないから、これは(実現)できない」と強調した。
 一方、自民党の石破茂政調会長は「もう一度民意を問わないと、これは動かない」と述べ、衆院解散を要求。みんなの党の浅尾慶一郎政調会長も「首相は自分の言葉が守れないなら、国民に信を問うべきだ」と同調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

桂きん枝、前途多難な船出…街宣車披露も民主逆風を痛感(スポーツ報知)
仕分け第2弾終了、37事業「廃止」求める(読売新聞)
両国でも暴力団観戦…初場所で警視庁確認(読売新聞)
口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
国内最古級の土偶発見=1万3000年前―滋賀・相谷熊原遺跡(時事通信)
AD