広島市安佐動物公園(広島市安佐北区)で、ツキノワグマ「クラウド」(雄、8歳)が今年も得意の棒回しを始めた。木の棒やバットを器用に振り回して人気を集める。

 野生のクマが冬眠する時期は回さないが、暖かくなると再開するパターンを3年間繰り返している。運動不足の解消か、遊んでいるのかは不明。

 ツキノワグマは5~6月が繁殖期。隣の檻(おり)で飼育されている雌2頭の目にも、クラウドの「雄姿」は映っているはずだが、恋が“空回り”に終わらないかは相性次第。【北浦静香】

【関連ニュース】
雑記帳:ガラスを隔てて猛獣と対面 広島の動物園に登場
クマ:行楽や山菜採りシーズン、注意呼びかけ ラジオなど音の出るもの携行を /山形

<濃霧>九州北部で発生 関門海峡は入航中止(毎日新聞)
「圧倒的ベストセラー」と皮肉=講習教本発行の交通安全協会(時事通信)
福井新聞記者を逮捕、DVDソフト複製し販売(読売新聞)
黄色ブドウ球菌退治に期待=別種細菌の酵素―慈恵会医大(時事通信)
母親を起訴猶予処分=同居男が男児暴行―津地検(時事通信)
AD