6月2日(日) 3回目の歯科治療に行ってきました。



photo:01



今日は、虫歯予防と歯磨きについての説明と歯のお手入れ。



それでも不安そうな娘。
本当に歯医者さんが苦手なんだな~f^_^;)

photo:02



簡単に30分くらいで終わるのかな~と思ったら、


「虫歯予防についての説明、結構お時間いただくんです」

とのお言葉どおり、子どもにも分かるように色々と説明をしてくださいました。




1)歯磨きは何故するの?


2)動物はどうして虫歯が出来ないの?


3)虫歯はどうして出来るの?




知ってるようで知らない面白いお話が沢山ありました~。




先生「歯磨きは何故するの?」


娘  「しないと虫歯になるから。」


先生「そうだね。でも本当は少し違うんです。だって野生動物は歯磨きしないよね~、でも、虫歯は出来ない。どうしてだと思う?」


娘 「えっと・・・、甘いものを食べないから?」


先生「そう!正解。動物さんは人間が食べるような甘いお菓子を食べません! だから虫歯が出来ないんです。じゃあ、どうして虫歯ができるか知っていますか?」


娘 「え~っと・・・。」


先生「説明します。まづ、歯といのは、とっても酸に弱いんです。酸というのはすっぱいもののことです。卵の殻は歯と同じような成分でできていますが、お酢につけておくと、3日くらいで溶けてなくなってしまいます。そのくらい、酸に弱いんです。」


娘 「へ~。」(眼がまんまる)


先生「虫歯菌は甘いものが大好きです。それで、口の中の甘いものを食べて、ウンチをします。そのウンチが、酸性なんです。それで、歯が溶けてどんどん虫歯になっていくんです!!」


娘 「え?ウンチ?」


先生「自然の中で甘いものはありますが、人間の作るお砂糖はその何十倍も甘い。あなたは大好きなものが何十倍にもなってやってきたら、どうしますか?」


娘 「いっぱい食べる!!」


先生「そう!それで、虫歯菌も甘いお菓子が来たら、いっぱい食べていっぱいウンチをするんです!わかりますか?」




と言う感じ。面白いですよね~。




親にも「食生活の内容を考え直す事。食事時間を規則的にすることの大切さ」などを


理由をしっかりご説明して、教えてくださいました。




歯磨きの仕方も、具体的に教えてくださって、娘なりに頑張って歯磨きをするようになってきました。




先生さまさまです。


ありがとうございます。




次回は、また本格的な歯科治療スタートです。


抜けかけの歯の奥が少し悪くなっていて、もしかして膿がたまっているかもとの事。


永久歯に影響が出るかもしれないので、場合によっては麻酔の注射をして抜きましょうとのお話。




注射嫌いの娘、大きなハードルを越えられるか!!!


こうご期待!!



AD

コメント(2)