歯医者嫌いの上の子。

一生懸命歯磨きしても、何故か虫歯がチョイチョイできるしょぼん


引っ越ししてから、歯医者通いが大変で、娘にも親にも苦痛な通院が続いていました。


1件目の歯医者では、娘の号泣ぶりに最初から先生が引き気味・・・。

気の弱い先生なのか、泣きじゃくる娘を遠巻きに見ている感じ。


時々は頑張れる娘も、引き気味の先生に不信感が出て、

出来ていたこともだんだん出来なくなり、頑張りたいのにできなかった自分に

自尊心がどんどん傷ついていく・・・という悪循環。


しまいには「この子が可愛そうで、治療できない。心療内科を受診してください。」

とまで言われ、診療拒否されてしまいました。


精神が病んでる様な言い方をされて、私もかなりショックでしたが、

「私は可愛そうな子じゃない~!!!!」と先生に泣いて叫ぶ娘の姿に

心がギュッと締め付けられました。


もっと前に、さっさと医者を変えようと思ったのだけれど、娘の

「次は頑張れるから」の言葉に無理をさせてしまったのかもしれない・・・。

母未熟でした、ごめんね汗


2件目は、お友達も通っている小児歯科に力を入れているという少し大きめの歯医者へ。

確かに子供の扱いはまあまあ慣れている感じ。


でも、今まで娘が使ったことのない、ラバーダムや口が閉じないようにする器具などを使用するとの説明や

「必要があれば、拘束しての治療もします」とのお話に

「ここはダメだろうな~ガーンとの予感的中。


やはり娘の号泣ぶりに先生が次々交代。

頼みの綱の院長先生も、最初からかなり引き気味。


小3にもなると力も強く、押さえつけての治療はむつかしいとのこと。

私も、娘の精神的ダメージを考えると、力づくの治療は断固拒否するつもりでした。


となると、虫歯のある現状から、急に痛くなったら対応できないと踏んだのか

「大学病院で全身麻酔の治療はどうでしょうか」と早々に転院を進められてしまった・・・。


娘も、頑張ってみたけど、怖くて出来なかった自分にまたまた敗北感を募らせていましたが

「寝ている間にササッと治してくれるならその方がいいかも」と少々楽観的でした。


ただ、引っ越し前に通っていた歯医者さんでは、難航したものの、

親身になって診てくれる先生だったこともあり、普通の治療が出来ていたんです。


「虫歯の治療で、そこまで大がかりにしないといけないの?」という疑問がぬぐいきれず・・・。


「ウチの娘は異常ではない。先生との信頼関係さえ築ければ絶対に普通の治療で出来る。」


親ばかかもしれないけど、安易な治療は受けたくなかった。


そんな時、パパが得意のネット検索で、歯医者さんを調べてくれた中に、


「絶対に押さえつけたりしなくても、必ず治療は出来る」

「今の小児歯科に足りないものは、子供の心の扱い方」


と語る、熱い小児歯科専門医が!!


家からは電車で1時間半くらいと遠方だったけど、

HPを読んで「もうここしかない!!」と、会社帰りに携帯から即電話。


初診の旨を伝えると、すぐに院長先生が電話口に。

今までの経緯や娘の様子を伝えると、即答で


「わかりました、とにかく一度診せてください!」と力強くおっしゃってくださって


その言葉を聞いた瞬間、緊張の糸が切れて、街中にもかかわらず、

涙がボロボロ止まらなくって・・・。そんな私に、先生は


「お母さん、大丈夫ですよっ!!」


と早速予約を入れてくださって、


「もし痛くなったら、いつでも病院開けますから、必ずお電話ください!!」


とまでおっしゃって下さって・・・、本当に嬉しかった。

「きっと、ここなら治療できる」と希望の光が差し込んだ瞬間でしたキラキラ 


パパ、ありがとうしょぼん 本当に、本当にありがとう・・・


ママ、娘の虫歯治療、絶対に成功させる!!

娘は出来る子だって、証明して見せるからね!!



AD