私は今になって省みると、かなりの八方美人でした。

 

 

幼少期の学生時代は、先生からも友達からも、みんなから

好かれていたい!ましてや親からも!

「いい子」でいることが一番のステータスだと信じていました。

そしてそれはうまく達成できました。

 

 

しかし、思春期を迎える中学ともなるとそうもいきません。

ただの「いい子」であることは何のステータスにもならなくなります。

ただの「真面目でおもしろくないやつ」というレッテルを張られるのです。

 

 

どうしたものか、、、、、。

八方美人の私は考えました。

 

 

「そうだ!勉強は陰でしてあとは明るく遊ぼう!」と。

いやなやつですよね。俗にいう陰勉です。

 

 

しかし、奇跡的にそんな後ろ指をさされることなく、

楽しく中学時代を過ごし、進学校へ入学することに。。。。

 

 

そこからです。私の悲劇は。

私の進学した高校女子は、みんながみんな八方美人だったのです!

 

 

中学時代の女子はみんなずけずけと人の気持ちも考えず

いわばあけっぴろげの性格の人が多かったのですが、

高校時代の女子はそうではなかった。

 

 

要するに、自分を見ているような感じでしたね。

みんながみんな八方美人だったんです。

 

 

そこで私は変わりました。

自分が八方美人であることを初めて気づかされたのです。

こんな自分は大嫌い。人に媚びる人生なんてまっぴらだ。

 

 

それがよかったのか悪かったのかはわかりませんが、

私は勉強をぱたりとやめ、友人も限られた人しかつくりませんでした。

 

 

その代わり、勉学に勤しまない私を教師は嫌いました。

嫌われて殴られたことも当時何度もありました。

(今では社会問題ですよね(^^;)

 

 

そして受験シーズンの到来。

私は、自分の人生を決めるために「ある決意」をして、

遅れてしまった勉強を1からやり直そう!と決めました。

 

 

だがしかし・・・・・

親がいうには「4大卒の女は社会では使えん

とのこと(T_T)

 

 

当時父親が面接官を務めていたこともあり、

絶対に意思を曲げませんでした。

 

 

今思えば、バイトしたり、奨学金制度を利用したりとか

いろいろ思いつくのですが、私が子供じみていたのでしょう。

 

 

親に頼る手段しか思いつきませんでした。

親から放棄された私は、もう奈落の底までぐれましたね。

 

 

人からもいっぱいいっぱい憎まれたと思います。

呪われたかもしれません。

 

 

でも・・・・

 

 

いまはこうやって愛する夫と家庭を築き、

昔の友達ともたまに交信しながら幸せにやっています。

 

 

なにがいいたかったかというと、

人は他人にどんなに憎まれても、幸せになる権利はある!

 

 

ということでした^^

今では、私を憎んだ相手にすら感謝の気持ちを述べたいくらいです。

だって私を強くしてくれたのはほかでもない彼(彼女)なのですから。

AD