端午(たんご)の節句に合わせ、世界の民俗人形博物館(長野県須坂市)では勇ましい武者人形130体が15段に飾り付けられている。

 展示は今年で3回目。家庭で不要になり全国から寄贈された人形を中心に飾っている。同館には800体近くの人形があり、現在では寄贈の申し出を断っているほどだという。

 同館では、最近の住宅事情から人形を飾れなくなる家庭が多くなる中、端午の節句の風習を味わってほしいとしている。

 子供と訪れた長野市篠ノ井の会社員、小松理子さん(36)は「(子供は)女の子なので武者人形とは縁がなかったけど、ひな人形とは違ったよさを見ることができてよかった」と喜んだ。

 6月29日まで。問い合わせは世界の民俗人形博物館(電)026・245・2340。

【関連記事】
【ふるさと便り】福井県・敦賀まつり最高潮 山車巡行
春の空に一足早く鯉のぼり
海の生き物あしらい…変わり種こいのぼり
所沢市の公園にこいのぼり350匹
世界一5613匹 館林市でこいのぼりの里まつり

鳩山首相、古賀連合会長と今月3度目の会談(産経新聞)
春姫道中 徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋(毎日新聞)
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」(産経新聞)
堺の虐待死、母親の内縁の夫逮捕…日常的虐待も(読売新聞)
<こち亀>両さんの銅像壊される 東京・葛飾(毎日新聞)
AD