全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1107カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1073カ所ですから、まだまだ旅は続きます。


テーマ:
飛び入りの記事でしばらく中断していましたが、今日から北海道の残り4カ所のレポートを再開します。

最終日の5日目、最初に訪れたのは
道の駅おとふけ です。







道の駅おとふけは、私たちが宿泊した北海道ホテルから北方にわずか8kmの距離です。
市街地が多少渋滞したものの、9時10分には到着しました。

ここは9時半が開店時間なのでホテルをゆっくり出発したのですが、まだオープンまで20分もあります。









開店までしばらく待たなければならないな、と思いながらやってきたのですが、意外にも車も人もたくさんいました。

実はこの道の駅、第2、第4日曜日は、「おはよう青空市」 が開催されており、この日は第4日曜日だったのです。







外にはテントが張られ、地元の朝採り野菜だとか、工芸品、陶芸品などの露天の店が並んでいます。
大きなサイコロを転がして野菜をプレゼントされるゲームが行われていて、スピーカーから賑やかな声が流れていました。







この道の駅は、実に特徴のある建物です。
屋根と壁がブルーのパイプで覆われています。

そのパイプの間には、PR用の幟も取り付けられています。

ここは “河東郡音更町(おとふけちょう)” といい、帯広市のベットタウンとして発展してきました。
道の駅の屋根に幟のあった、“十勝川温泉” もこの音更町です。

2014年9月末現在の人口が45,422人で、これは北海道の “町” の中で最大です。
しかも、北海道で唯一、著しい人口増加が進んでいる地域なのです。

それほど住みやすい地域かと思いきや、典型的な内陸性気候なので冬は極端に寒くて、2000年1月には氷点下32.1度を記録しました。
逆に2014年6月には、37.8度という暑さも記録されていますから、その寒暖差は約70度と驚くべき数値です。









店内に入ってみると、朝市に合わせたのでしょうか、ちゃんと開いていました。

1階が特産センターで、2階は “桃花(とうか)” という中華バイキングのレストランです。
ランチ980円、ディナー1180円で30種以上の本格中華料理が食べ放題なのだそうです。


朝市のおかげで時間の節約になり、次は75kmも離れた南富良野の道の駅を目指しました。








応援クリックお願いね!



ペタしてね


読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

よしだやすおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。