全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1107カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1073カ所ですから、まだまだ旅は続きます。


テーマ:
再び日本海側の海岸線に戻り
道の駅ルート229元和台(げんなだい) に到着しました。









この道の駅の名前に、“ルート229” とあります。
先ほどまでは国道228号を走ってきたのですが、前回内陸部のあっさぶの道の駅へ曲がった三叉路を境に、“国道229号” となります。

国道229号はこの先、積丹半島を巡って、小樽まで続くのです。









ここは日本海を見下ろす海抜40mの位置にあります。
最後の写真に写っているように、“檜山道立自然公園” に指定された、とても見晴らしの良い場所です。

その風景を次の写真でご紹介しましょう。









眼下には、“元和台海浜公園” があり、そこには全国でも珍しい “海のプール” があります。
“海のプール” は、日本海をそのままカラーブロックでぐるりと囲んだ巨大ジャンボプールです。

最初、上の写真にあるブロックで囲まれた部分かな、と思っていましたが、ここには船が停泊しており、港のようです。

残念ながら写真にはちらっとしか写っていないのですが、この港のすぐ隣が、その海のプールです。



(資料としてHPより借用)

さて、道の駅で写真を撮って回っていると、町の職員という方が話しかけて来られました。
アンケートを実施しているということで、どこから来たのか、今日はどこからどこまで行くのか、道路や観光スポットの感想だとか、いろいろ聞かれました。

たまたまそばにおられた地元のおばさんが、私達が九州から来ていることを知って興味を示したのか、あれこれとこの地の自慢話を始められました。





先ほどの写真にもあった、港の向こう側に見える面白い形の岩のことを尋ねると、なんとかいう名前を言われたのだけど忘れてしまった!(^^;)

この岩のところで毎年お祭りがあるそうで、「ここを下りて、今から一緒に行ってみようよ!」という誘いを断るのに苦労しました。(^_^;)







道の駅自体はごくシンプルで、トイレと小さな売店があるだけです。









そして道の駅の裏側に回ってみると、そこは展望広場になっています。









この、広場の中心にあるオブジェですが、私はすっかり釣り針だと思っていたのですが、違うようです。
“潮笛” という名前がついており、「異国ダッタンを想う」 という副題がついています。







寛政7年(1795年)この地の漁師がコンブ漁の出漁中に嵐に遭い、ダッタン(現在の中国吉林省)に漂流し、2年後、北京、長崎の出島を経て苦難の末に故郷に戻ることができた。
その、強い望郷の念をこの作品に現しているのだそうです。

なぜそれが釣り針の形なのかは理解できませんが・・・・。(-_-;)

さて、いよいよ本日の予定もあと1カ所になりました。








応援クリックお願いね!



ペタしてね


読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

よしだやすおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。