全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1107カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1073カ所ですから、まだまだ旅は続きます。


テーマ:
北海道の十勝方面から戻ったばかりですが、前回の道南の旅が残っていますので、今日から再開することにします。

3日目の最初に向かったのは
道の駅しりうち です。







函館のホテルを出発して、津軽海峡を左手に見ながらひたすら走り、1時間10分ほどかかって到着しました。







“上磯郡知内町” には昭和63年(1988年)に開通した “青函トンネル” の北海道側出口があります。





ご覧の拡大図で、点線がトンネル部分ですから、まさにこの道の駅のすぐそばに出口があることが分りますね。

そして道の駅の真裏を “JR津軽海峡線” が走っています。
津軽海峡線は、青森県外ヶ浜町の “中小国駅” から、北海道 “木古内駅” までの区間で、木古内駅で今度は “江差線” に接続します。





道の駅に到着した時、ちょうど裏側の津軽海峡線を列車が走り抜けました。
でも、6年前に来た時とちょっと様子が変わっていました。







この2枚の写真が6年前のもので、ここには “JR知内駅” があり、道の駅はその駅舎を兼ねていて直接ホームに繋がっていたのです。
でも、今はそのホームがありません。

実は2016年3月に開業が予定される “北海道新幹線” の運転に向けて、現在三線軌化の工事が進められており、それに伴って2014年3月14日(金)を最後に知内駅は廃止されてしまったのです。

線路内ではたくさんの人たちが作業をなさっていましたが、新幹線開業に向けた工事だったのでしょう。







道の駅の建物も、以前来た時よりもなんだか綺麗になったような気がします。
外壁の塗装をされたのか、あるいはお天気が良いので印象が違うのかもしれません。







以前はこの店舗の奥にホームへつながる出口があったのですが、今はありません。







以前と全く変わっていないものもありました。
それは、壁に貼ってあるたくさんのポスターです。

このポスター、ご存知の “北島三郎” です。





表の看板にもイラストがありますが、ここ知内町は日本を代表する演歌歌手、北島三郎 の出身地です。
毎年8月に行われるイベントでは、町をあげて盛り上がるのだそうです。





この図が道の駅の全体の配置です。







上が “さわやかトイレ” 下の写真が “農村活性化センター” です。

2年後に北海道新幹線が開通すれば、この付近の風景はまた変わってしまうのかもしれません。








応援クリックお願いね!



ペタしてね


読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

よしだやすおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。