全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1107カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1073カ所ですから、まだまだ旅は続きます。


テーマ:
北陸エリア第4位は、能登半島に戻ってきました。


  


道の駅千枚田ポケットパーク(石川県) を第4位としました。





能登半島の先端付近、朝市で有名な輪島の市街地から、20分弱の距離にあります。

ここの絶景は、“白米(しろよね)千枚田” と呼ばれる “棚田” です。







棚田は、九州にも有名なところがあるし、“日本棚田百選” に選ばれた棚田を全国いくつか見てきました。
でも、ここの特徴は、ご覧の通り、ひとつひとつの田が実に小さいのです。

この斜面に、正確には “1004枚” の田んぼがあります。





平成13年に 「国指定文化財名勝」 に指定されたこの “白米(しろよね)千枚田” は1枚当たりの面積が全国で最も小さく、平均すると5.4坪しかありません。

どんな不便な土地でも作物を育て、収穫を得るための先人たちの知恵と苦労が偲ばれます。



しかし多くの農村の悩みと同じく、この地も高齢化と後継者不足に直面しています。
その対策のひとつとして、この美しい棚田の景観を後世に残して行く為に、ボランティアによる “白米千枚田オーナー制度” に取り組んでいます。


さて、道の駅ですが、こちらは実にシンプルです。






この敷地自体も大きくはありませんが、日本海を望む高台にあり、千枚田を見下ろす絶好のロケーションにあるので、観光バスを始め訪れる観光客は多いのです。







近くには、こんな景色もありました。





おにぎりみたいな岩の中央に、波の浸食によって穴が開いてますね。
“窓岩” といいますが、この日本海沿いの海岸線にはこのような珍しい風景がたくさんあります。


能登半島には、“ポケットパーク” と名付けた小さな観光スポットがいくつも作られています。
それらを辿りながらの能登半島の旅は楽しいものです。



■訪問レポート -------------------------------------------------------
2011-06-23 石川・富山の旅:日本の原風景!“千枚田ポケットパーク”
----------------------------------------------------------------------


応援クリックお願いね!

ペタしてね

読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

よしだやすおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。