全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1107カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1073カ所ですから、まだまだ旅は続きます。


テーマ:
次に向かったのは天草上島にある
道の駅有明 です。





この天草地方を拡大するとこのようになります。





宇土半島の先端 “三角” から、天草五橋の 一号橋(天門橋) を渡るとそこは “大矢野島” です。






最初に横切る “大矢野島” と次の “天草上島” の間の小さい島伝いに、二号橋・三号橋・四号橋・五号橋 が連続します。

1966年に開通した “天草五橋” は当初39年で償還する計画だったのが、この橋の開通で天草への観光客が一気に増え、わずか9年ですべての償還を終えて無料化されました。

二号橋から四号橋を挟んだ両側に小さな島々が浮かび、これは “天草松島” と呼ばれ、宮城県の松島、長崎県の九十九島に並んで、“日本三大松島” のひとつとされています。

そしてこの周辺、真珠の養殖が盛んなことから、“天草パールライン” という名前がついています。


天草上島に入るとそこからは新しく開通した “松島有明道路” を走り、その終点付近に目的の道の駅はあります。







道の駅有明は、国道324号をちょっとだけ坂を上った高台にあります。
正式名称は “リップルランド” というのですが、その全体はこのようになっています。





地図の下側方面の写真がこちらです。






道路を挟んだ海岸側に何やら不思議なものが見えますね。






巨大なタコつぼのようです!
早速行ってみることにしました。





道路を渡って対岸に行くには、この白いお洒落な歩道橋を渡ります。





歩道橋の入口はハート形なのです。





歩道橋の上からの北東方面ですが、この左手の海岸が “四郎ケ浜ビーチ” といって県内では一番人気の海水浴場です。

“四郎” というのは勿論 “天草四郎” のことですね。

“天草四郎” は1637年に起きた “天草・島原の乱” の民衆側の総大将です。
うち続く飢餓と過酷な年貢の取り立て、そしてキリシタンへの厳しい弾圧に耐えかねた数万の民衆を率いて、幕府軍と戦ったのですが、やがて鎮圧されてしまいます。

このすぐ近くに “天草・島原の乱の発祥の地” というのがあります。





橋をビーチとは反対の側に下りると先程見えた “タコのオブジェ” があります。







これは “タコ入道” と呼ばれていますが、高さ3m、幅4.5m、重量は888kgあります。

この有明海は全国でも最大級のの干満の差があり、タコの餌になる貝や蟹が多く生息します。
急流の中でそれらを餌として育ったタコは肉厚で味が良いのです。

ですから、この海岸沿いの通りを “天草ありあけタコ街道” といいます。







先程の “タコ入道” のすぐ隣にあるこちらは、“祈りダコ” といい、5つの御利益があるのだそうです。(笑)








タコ入道の先のこの白い建物は “サンタマリア館” です。
ここには隠れキリシタンに関する様々な資料が集められています。


さて、道の駅に戻ってみましょう。









ここではくまモンの親子(?)が迎えてくれます。









タコグッツの土産ものが多いですね!





こちらのレストランでは、タコカレー、タコ天丼、タコ飯うどんといった、タコ料理が自慢です。





最初の案内図にもありましたが、道の駅の裏側からは更に高台に “さざ波の湯” という温泉があります。


買い物、食事、温泉、そして夏場のビーチと何でも揃ったリップルランド、できたらもう少し天気の良い時に来たかった気がします。






応援クリックお願いね!

ペタしてね

読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

よしだやすおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。