全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1107カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1073カ所ですから、まだまだ旅は続きます。


テーマ:

さて、今日の記事は道の駅ではなく “観光” です。

大好きな美瑛を楽しむために、最優先でやってきたのは
四季彩の丘 です。




JR美瑛駅からわずか5kmほどしか離れていない近い場所です。

美瑛はゆるやかな起伏のある “丘” で、そこは植えられた作物によって表情があり、それが美しいパッチワークの風景を作り上げています。

普段見慣れた “日本の田園風景” とは、明らかに違う世界がそこにはあります。





四季彩の丘は、ちょうど道の駅のような雰囲気です。

ここは、個人で経営をされており、基本的に入場料は無料ですが、入り口に 「運営にご協力ください」 といった意味の寄付箱があります。
これだけのものを見せて貰うのだからと、コインを入れました。




ここは歩いて回ることもできますが、あまりに広大なことと、時間に限られた場合は 「ノロッコ号」 に乗るのが得策です。

ノロッコ号というのは、トラクターに引かせたワゴンで1周するもので、約15分、金額は500円です。








そして、ここにはバギーやカートもあり、専用のコースを走ります。





美瑛のシンボルといえばこの “干草ロール君” ですね。
みんなこの前で記念写真を撮っています。




では、しばらくはノロッコ号にのって、お花畑を散策しましょう。

















途中、写真タイムというのがあって、トラクターの運転手さんが写真を撮ってくれたり、山や畑の説明をしてくれます。



ノロッコ号を降りた後、このテーブルでソフトクリームを食べました。


大雪山系と十勝連峰の雄大な山々を眺め、眼下に広がる広大なお花畑を見下ろし、心地よい風に吹かれながらのラベンダーアイスクリームの味は格別です。




ここで1時間以上を過ごしてしまいましたが、もう1か所だけ行きたい場所があります。
ここからほど近い “拓真館” です。



ここは、美瑛に移り住んで永年その美しい四季を撮り続けた 「前田真三」氏 の写真館です。

ここを訪れるのは2回目ですが、この前田真三氏の写真に出会ったのが、私が美瑛に憧れるようになった原点ともいえます。



中での撮影は一切許されませんので写真がありませんが、美瑛の四季の遷り変りの美しさに、あらためて感動することができました。


ペタしてね

ランキングボタンをポチっとクリックして頂くと嬉しいです!(*^_^*)



たまにはHPも覗いてね!(*^^)v

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

よしだやすおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。