全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1107カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1073カ所ですから、まだまだ旅は続きます。


テーマ:

次の道の駅に行く途中、魚見台 という、とても景色の良いところがありました。




ここには何故か覗き穴があり ・・・・


そこから覗いた日本海がこれです。



晴天だったらもっときれいだったでしょうね! ちょっと残念!




さて、本日最後の目的地は
神話の里白うさぎ です。


因幡の白うさぎ といえば当然これでしょう ・・・ 。



これは、道の駅の入口にあります。

右後ろにある鳥居は、白兎神社 といって、ここから長く石段が続いています。
ここは因幡の白兎が体を洗ったといわれる不増不滅の池があり、医療の神様としても有名です。




道の駅を横から見るとこのようになっています。
1階が情報コーナー特産品販売所、2階は海鮮レストランで、一部が展望広場になっています。



真横から見るとこうなります。




そして、この道の駅の建物の2階から、国道9号線を越えて海岸まで陸橋がかかっています。

その陸橋から見ると、道の駅はこのようになります。




更に、陸橋から見下ろした海岸がこちらです。
ここは白兎海岸といい、因幡の白兎が鮫の背中を渡ったと言い伝えられる場所です。





さて、特産物販売所に入ってみました。
ここは、売り場の大半を鮮魚店が占めており、あらゆる魚介類が豊富に揃っています。




島根や鳥取でよく見かけるゲゲゲの鬼太郎みやげですが、ここのコーナーもちょっと面白かったので撮影しました。





ところで皆さんは因幡の白兎の物語を覚えていますか?

洪水で隠岐島に流されたウサギは、サメをだましてその背中を渡って因幡へ帰ろうとします。
ところがうっかり最後に口を滑らせたため、皮をはがれて赤裸にされてしまいました。

そこに最初に通りかかった大国主の命の異母兄弟の神様達は、嘘の治療法を教えてウサギを更に苦しめます。
異母兄弟の荷物を一人で背負わされていた大国主の命は最後に通りかかり、ウサギを助けてあげます。

大国主の命はウサギの予言通り、その後八上姫という絶世の美女と結ばれ、やがて隣の島根県にある出雲大社の祭神となる、というお話です。



でも、ウサギに嘘の治療法を教えて苦しむのを喜ぶなんて、とんでもない神様が昔はいたんですね。


ペタしてね

ランキングボタンをポチっとクリックして頂くと嬉しいです!(*^_^*)


たまにはHPも覗いてね!(*^^)v


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

よしだやすおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。