お肉の黄鯖ぐるぐる

MMO-RPGレッドストーン黄鯖でぐるぐる駆け巡るテイマの日記です。

旧ブログサイト(CURURU)は営業終了しておりますのでご了承下さい。


テーマ:
暖かいと思ったら突然の強風DAY
 
ババアです。
 
 
 
特に書くことがないので、先日おでかけした話題でお茶を濁します。
 
 
 
 
 
1月の最終日曜日に訪ねたのは、岡山県が誇る伝統職人の里
 
 
 
二十数年来の悪友が日本刀の研師をしておりまして
 
この日はここで勤務しているってことだったので訪問しました。
 
希勢の里の綱取り直後の大相撲と日本刀展は大盛況だそうで
 
私が鑑賞している間にも北海道や三重からの団体客が続々とやってきました。
 
 
 
常設展示のものは写真撮影可だったんですが、イベント展示の物は撮影禁止。
 
相撲ファンなら必見のアイテムがもりだくさんで
 
・雷電の化粧廻し(レプリカ)や脇指
 
・稲妻雷五郎の刀と拵え、化粧廻し
 
・雲竜型(鶴龍)・不知火型(白鵬)の綱
 
・岡山唯一の横綱常乃花の太刀
 
(木鶏のオールナイトRedStoneでお馴染み)谷風他、当時の力士が描かれた屏風
 
などなど、じっくりみて回れる展示でした。
 
特に目を引いたのが稲妻雷五郎の鞘!
 
この拵えは本当にかっこよかった!
 
当時のデザインとしてはかなり前衛的だったのではないかと思います。
 
朱漆変蛭巻というものですが、通常の蛭巻はいわゆる斜めのストライプ。
 
 
↑朱漆に金の蛭巻↑
 
秀吉の刀といわれるものが蛭巻きの一番わかりやすいデザインかな?
 
金蛭巻朱漆大小拵と検索すれば出てくるんじゃないでしょうか?
 
雷五郎の拵えはこんな直線的な蛭巻きではなく、
 
ごつごつと盛り上がった蛭が不規則に巻かれたものでした。
 
とっても現代的な作品ですが、刀身と同時期のものであれば1850年の作品です。
 
どこを探しても写真がないのが実に残念ですが、興味がある方は一度見ていただきたい。
 
所蔵は相撲博物館ですので、もしかするとお江戸の方は見ることができるかも?
 
 
 
お値段おつけられない美術品をしこたま見た挙句、友人の工房へ向かうと
 
 
 
 
お値段がつけられた美術品がありました。
 
研ぐ前ですが、普通に指ぐらいは落とせる切れ味です。
 
 
 
 
 
 
お値段壱千六百萬円也。
 
 
 
お金ってあるところにはあるもんだねぇ。
 
後期の展示もみにいこう!私の好きな千代の富士のやーつくるかも!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2/5 ~ブリッジヘッド~ DreamCameTrue
 
 
ドリケムさんです。よろしくおねがいします!
 
直前までくまきちが来なかったので、今日はいないんじゃないかと話題になってました。
 
あしゅくまいないと困る。いても困るけど。」
 
あしゅどんの溢れるくまきち愛、プライスレス。
 
 
 
DreamCameTrue様、対戦ありがとうございました!
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

お肉さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。