空と、風と、飛行機と。

2013年から始めたハンドランチグライダー(HLG)。ヘタレ初心者なりの奮闘をつづります。


テーマ:
今日は吉見へ行こうと思ったのですが、
あまりの暑さに身の危険を感じて、
自重しました。

そんなわけで昨日、
帰宅してからの工作やらなんやらの続き。
昨日はあまりの暑さに、
じっくりと工作する気力がなくて、
桁入りスチレン翼のカテ3練習機は、
手付かずのままになってしまいました。
その代わり、座屈したカテ4翼の、
補強に使うカーボンクロスプレートを
手作りします。
いくつかの模型屋さんの
ホームページを見たのですが、
手頃なのがなかったり売り切れていたり。
だったら作っちゃおう、と。

まずは61g/m2の開繊カーボンクロスを
適当な大きさに切り出します。
今回は4枚重ねにします。
あいにく工作に使えるガラス板がないので、
軟質塩ビの上にシートを乗せ、
上からエポキシ5052を垂らします。
ゴムベラで端まで良く延ばして、
次のシートを重ねます。
この作業を繰り返した後、
最後に上から軟質塩ビを被せ、
ゴムローラーで強く押さえます。
何度も何度もゴロゴロして、
隙間の空気を抜いてエポキシを馴染ませます。
上から木の板を置き、
重しをして一晩待ちます。

今朝、十分エポキシが硬化してから、
重しを外して軟質塩ビをベリベリ剥がします。
はみ出したエポキシや、
バラけた繊維を切り取って、
出来上がったのがこれ↓。
ピカピカのカチカチ。
指で叩くと、良い音がします。
デジタルのぎすで計ると、0.45mmで、
少し暑い、もとい厚い。
端材で作った2枚重ねが0.25mm。
普段使いなら、3枚重ねが良さそうですね。
次に作るときは、3枚重ねにしましょう。

で、できたプレートを10mmほどの
幅に切り出しておきます。

次に、座屈した主翼の中央パネル、
下面の前縁から18mmのところで、
スパン方向にカッターの刃を入れます。
上面に突き出ない、
ギリギリまで切り込みを入れます。
バギング翼に刃を入れるのは、
ガッツが要りますね。
次は上面、前縁から28mmのところに、
同じように切り込みを入れます。
上下で互い違いに、10mmほどの間を開けて。

次は、切り込みの上からエポキシを垂らして、
指で開くようにしながら中に入れます。
ドライヤーで温めながら、
更に染み込ませるように。
そこに先ほど切り出しておいた、
カーボンプレートを、
強く押し込むように差し込みます。
で、出来たのがこれ↓。
2~3mmくらいはみ出しています。

しばらく放置したあと、
初期硬化したのを見計らって、
はみ出した部分をカッターで
慎重に削ぎ落としていきます。
それで、出来たのがこれ↓。
あとから施工したので、
多少の凸凹は仕方がありません。
 
更に、既に座屈したところに、
瞬間を流して修理したり、
新たにカーボンシートを被せたりしました。
見た目にもみすぼらしく、
何ヵ所も凸凹したところがあります。
後日、マイクロバルーンを混ぜた、
ラッカーを薄く塗ってみましょうか?
それでも見た目が悪ければ、
黒くスプレー吹きますかね。
最初より、だいぶ重くなってしまいそうです。

これで飛ばしてみて、大丈夫そうなら、
次回作もこの方法を採りましょう。
バギングする前に、
コアの状態でプレート入れて、
上からシートを被せれば、
構造的にも見た目にも良くなるはず。
ダメならバルサ・カンタコアで、
桁を入れるしかないですね。
余り手の込んだものになると、
工作が大変ですが、
世界記録に再チャレンジしたいですからね。

そうそう、CHIBITAの主翼3枚と、
Bサイズの主翼2枚を削りました。
こんなに、作りきれるかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

☆彡@グリーンパークさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。