人種、国籍、文化の違いを超えて世界を熱狂の渦に巻き込むサッカー・ワールドカップ(W杯)が11日夜開幕した。かつてはアパルトヘイト(人種隔離)政策を固持し、世界的スポーツ大会から締め出されていた南アフリカが今回の開催地。五輪とW杯というスポーツの2大祭典のアフリカ開催は初だ。治安問題などを懸念する声は絶えないが、人々は手を携えて世界の人々を迎える。今は世界的舞台への道は開かれている。開幕の高揚の中、南アの少年プレーヤーは語った。「フェアプレーが見たい」

 アフリカ大陸の先端・喜望峰。地域の中心ケープタウンからは、人種差別闘争の象徴、ネルソン・マンデラ元大統領(91)がかつて収監されていたロベン島も見える。岬に最も近い「世界の端」の共用グラウンドで練習するニューカースルフットボールクラブのメンバー、ルカンニョ・シュポーザ君(14)は、友人宅に集まって開幕戦を観戦。「世界のプレーヤーが一堂に集まる。それぞれの国のチームの特徴が見たい」と声を弾ませた。

 メンバーの黒人少年たちは、いずれもアパルトヘイト政策撤廃(91年)後に生まれた。多くは、黒人居住区に住む。街の名はマシプメレレ。家々の多くはトタン造りの平屋で、洗濯物が雑然と並ぶ。

 でこぼこだらけのグラウンドだが、黒人居住区のいくつかのチームが集う。住民が貧しい生活の中から金を出し合ってユニホームも買いそろえた。南アは、貧困で追い込まれて暴力や麻薬売買に走る子供が後を絶たない。世界一とも言われる高い犯罪発生率の原因の一つでもある。サッカーは、その防止にもつながると考えられている。

 足りないユニホーム代は、居住区外の知人や企業が出した。その中には白人もいる。90年にマンデラ氏が解放されるまで30年近く、スポーツの国際舞台から締め出されていた南アフリカ。人々は今、人種の壁を越えて、少しずつ力を合わせている。

 シュポーザ君は「サッカーは楽しいよ。うまいと人気者になれるもん」と満面の笑みを浮かべる。「好きな選手はスペインの(ストライカー)ビリャさ。日本っていう国のことだって知ってるよ」

 「いつかバファナ・バファナでプレーするんだ」。メンバーは声をそろえた。11ある公用語の一つ、ズールー語で「少年たち」を意味する南ア代表の愛称だ。今の南アフリカの少年たちには世界の人々の前でプレーできる未来がある。

 マシプメレレは、現地のコサ語で「乗り越えよう」という意味。さまざまな壁を乗り越え、南ア人が開く「世界の祭典」が始まった。【ケープタウンで安高晋】

【関連ニュース】
南アW杯:壁面に応援メッセージ 東京・電通ビル
南アW杯:日本応援サポーターも出発
南アW杯:「虹の国」素顔は…日本の交流組織が多彩な計画
南アW杯:くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪
南アW杯:ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル

ハーフ美女「Baby M」、日本・南アの音楽親善大使に(スポーツ報知)
石原知事「妖艶なんていい言葉じゃないかね」(産経新聞)
「私のしごと館」を研究施設に 国際戦略特区で京都府(産経新聞)
ダブル選で牽制、論戦から「逃げ管」 小沢氏もびっくりの選挙至上主義(産経新聞)
琴光喜関を再聴取へ=賭博関与で警視庁(時事通信)
AD