内閣府は11日、過去の統計の改定に伴い、2009年1~3月期の国内総生産(GDP)が実質で前期比3.6%減、年率換算で13.7%減と戦後最悪のマイナス成長を記録したと発表した。
 2月15日の09年10~12月期GDP速報値の公表時点で戦後最悪は1974年1~3月期の前期比3.4%減(年率13.1%減)だったが、08年秋のリーマン・ショック後の世界的な不況の影響を受けた09年1~3月期がこれを下回った。戦後3番目は08年10~12月期の前期比2.7%減(年率10.3%減)。 

【関連ニュース】
実質年3.8%増に下方修正=10~12月期GDP改定値
GDP、実質年1.17%増=1~3月期
実質年4.0%増に下方修正=10~12月期GDP改定値
積極財政を数年継続=財政再建は「その後」に
需給ギャップ、マイナス6.1%=潜在成長率は80年以降最低-10~12月期

<雑記帳>センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)
「その見取り図作成は忘れました」 証人の警察官が正直に“告白”(産経新聞)
<喫煙者>各国の減少の目標、成果上げず WHOまとめ(毎日新聞)
トキ9羽死ぬ テンが襲撃、足跡から判明 環境省(毎日新聞)
第3極狙う「邦夫新党」、同調の動き不透明(読売新聞)
AD