14日午後11時30分頃、大阪府和泉市富秋町の国道26号交差点に、北から進入して右折しようとした同府泉大津市千原町2、大学3年生疋田勝也容疑者(21)運転の乗用車が、南から直進してきた大阪市淀川区の男性会社員(23)運転の乗用車と衝突。

 はずみで会社員の車が歩道に突っ込み、信号待ちしていた近くの無職、有木忠夫さん(65)と妻の智津子さん(65)を相次いではね、近くのレストランの看板をなぎ倒して止まった。

 有木さん夫妻は病院に運ばれたが、智津子さんが頭の骨を折っており約40分後に死亡。忠夫さんも両足や頭などの骨を折って重傷を負った。疋田容疑者と会社員も胸などに軽いけが。

 和泉署は、疋田容疑者を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕。容疑を同致死傷に切り替えて調べる。

 発表によると、現場は見通しの良い交差点で、同署は疋田容疑者が対向車に気付かず右折したとみている。

「結核に関する特定感染症予防指針」見直しへ(医療介護CBニュース)
<青森強盗強姦>1審支持 2審も実刑判決 仙台高裁(毎日新聞)
首相、邦夫氏離党で「さまざまな動き出てくる」(産経新聞)
<石川知事選>谷本氏が当選確実…5選、現職最多タイ(毎日新聞)
「日勤教育」JR西への損賠支払い命令確定(読売新聞)
AD