長野県須坂高等学校

テーマ:
長野県須坂高等学校(ながのけんすざかこうとうがっこう、通称:須坂、英文表記名:Prefectural high school of SUZAKA)は、長野県須坂市にある公立高等学校である。県内有数の進学校として、毎年、国公立・私立大学に多数の進学者を輩出している。水泳が大正期より盛んで、当時県下では珍しいプールがあった。細かな校則が存在せず、生活全般は生徒の『自主責任』とされている。 許可制ではあるが原付・自動二輪による通学が認められている。文化祭文化祭は「りんどう祭(龍胆祭)」といい、その名称は校章と近接する臥竜公園(須高城址)に由来する。毎年、龍胆祭では半年をかけて巨大な龍が生徒により製作される。龍は設計図とともに後夜祭において弓道部の火矢により燃やされるため、毎年、新たに設計図から掘り起こすことが必要となる。そのために龍の様相は年度ごとに変化を遂げている。文化祭は4日間と高校としては長く、後半2日間の一般公開では来場者が例年4,000人を超える。また、全国有数の文化祭として有名であり、NHKにんげんドキュメント「天突く龍を作れ?長野 須坂高校文化祭?」(2006年9月8日放映)で紹介され、反響を呼んだ。 龍沿革1923年4月15日 - 長野県上高井中学校として開校。1925年4月1日 - 長野県須坂中学校に改称。1948年4月1日 - 学制改革により、長野県須坂西高等学校となる。1956年4月1日 - 長野県須坂農業高等学校より分校が移管。定時制小布施分校(普通科)として設置。1965年4月1日 - 長野県須坂高等学校と改称。1976年3月31日 - 小布施分校を廃止。2004年3月31日 - 定時制の募集を停止。教育目標民主的・自治的で平和を愛する人間。真理を愛し、社会と自然の諸事象に対し、科学的認識にもとづいて正しい判断と批判ができる人間。健康で豊かな情操とたくましい行動にあふれ、社会を明るく豊かにする努力を惜しまない人間。現代社会における労働の意義を正しく理解し、広く、創造的実践を通して、社会の発展と向上に寄与できる人間。標語(スローガン)「熱、意気、ガリ」『臥薪嘗胆』を念頭に初代校長が作成したとされる。『ガリ』という言葉の意味については諸説あり語源が不明であるが、粘り強さ等を意味する「臥龍魂」という言葉からとったものと思われる。教育課程全日制普通科―定

防波堤に大発生? 木更津のヒトデ干し(産経新聞)
朝青龍側「示談」を報告=マネジャーを任意聴取-暴行問題で警視庁(時事通信)
<松戸女子大生殺害>竪山容疑者を強盗殺人容疑などで再逮捕(毎日新聞)
新幹線トラブル、原因はボルトの締め忘れ(読売新聞)
<地震>宮城県南部で震度4 午後1時29分(毎日新聞)
AD