大和に春を呼ぶ火祭り「だだおし」が14日、奈良県桜井市の長谷寺で営まれた。うなり声を上げて本堂を暴れ回る3匹の鬼が長さ約4メートルの巨大なたいまつの炎によって寺の外に追い払われ、参拝者らは無病息災などを祈っていた。

 千年以上前から続けられているという行事で、毎年、長谷寺の修二会(しゆにえ)の結願日に行われている。

 初めて行事を見たという名古屋市南区の研修医、堀川麻衣さん(26)は「たいまつと鬼たちの迫力に圧倒され、お願い事をする時間もなかった」と話していた。

【関連記事】
日航が「ドラえもんジェット」 費用は映画会社が負担
めでたい?「紅白」越前ガニ 福井・越前松島水族館で公開中
漆黒の聖女に癒やされて 中宮寺の菩薩半跏像
国内最長寿の還暦ウミガメが名前募集中 徳島の博物館
今夏こそ道頓堀川で水泳大会 水質不安で6年前は中止

夫の相続2億円隠す 妻「命にかえて残した」 大阪国税局が告発(産経新聞)
<殺人時効>ひき逃げ死亡遺族からは不満の声(毎日新聞)
石川議員の辞職勧告、与野党の駆け引き激化(読売新聞)
大阪の3キロ引きずり事件 3月2日に初公判(産経新聞)
<人事>最高裁(5日)(毎日新聞)
AD